上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top
    STAP細胞事件に関する理研の内部情報を論文発表直後から2チャンネルにポエムの形で暴露している書込みがあるのは知られていた。このオホホポエムと呼ばれる書込みの存在を知らなかったら、あるいはSTAP細胞事件を調べる気にはならなかったかも知れない。ES細胞の混入を否定する3人の研究者と小保方氏のフリーザーの中から見つかった129/GFP ESが作者不詳であったのと、このオホホポエムの存在が結び付いてしまった。

    STAP論文が発表されてから書かれたオホホポエムは30コメント以上あるようだが、その中には以下のようなものがある。


    161 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2014/02/08(土) 16:08:14.90
    っていうか、何でみんな私を信じてくれないのかとってもイラついたわ。
    レビュワーが罵倒してくれたおかげで、エディターさんがこうすればい
    いよって、優しくおしえてくれた実験があったんだけど意味がよくわか
    らなかったの。で、お友達におねがいしていろいろやってもらったの。
    そしたら合格できたの。あと胃は酸だけど大丈夫っておしえてあげた。
    マーロックス飲ませたでしょっていわれたけどobota胃酸です。


    あのエディターさんが笑いながらインタビューではにんじんをきってて
    ひらめいたの?なんていわれたけどofuroよっていってみたらほほえん
    でくれました。ホンとはトカゲの尻尾きってカメさんにあげてたの。
    だって無限に再生してくるし。


    みんなも149番みたいにけちなこと言わないで優しくおしえてね。



    318 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2014/02/15(土) 16:19:20.50
    オホホ細胞は増殖しないからあげられないの、じゃ先生が許してくれなかったから
    ステム化することにしたの。ESを同じプレートで培養中だったんだけどいい子の
    スッポンに餌をあげる時間になって・・・。ごめんね。
    fgfトロホブラストはやっぱり同じプレートで培養中にムーミンとスナフキン
    が手をつないであるきだしたから・・・。
    ごめんね。




    404 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2014/02/24(月) 02:00:24.69
    理研ってセルバンク運営しているのね。
    昔、細胞株を樹立することが偉かった時代、同じようなことがあったわ。
    いつも、培養条件に問題がないか確認するためのコントロールの細胞株
    を外国のラボから分与してもらって維持している傍らで、新規の初代培
    養をやるわけ。で、日本人から取った細胞株を樹立して私ってすごいで
    しょってなるわけ。で、世界中に私の樹立した細胞がひろまって日本発
    の科学に貢献したってことで表彰されたり。20年後、SNP解析で私の作
    った細胞株は日本人男性じゃなくてコントロール細胞の外国人女性の核
    型とばれてしまい、空白の20年間が世界中にばらまかれていたとわかっ
    たのは、本当にごめんなさい。
    マウスも脱走してよく同じラックの違うところに紛れたるするのも内緒。




    712 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2014/03/01(土) 00:21:55.05
    チャンピン亀さんには内緒の先生がつぶやいた話。オス由来のES細胞をインジェク
    ションしたらキメラでESが寄与した組織はY染色体を持つの。酢風呂細胞はオ
    スとメスから作ってるので、メスのキメラでY染色体が検出できるはずなんだ
    けど、まあいっか。テルテルボウズ明日天気になーれってつぶやいてたの。
    それを聞いて私も、明日もう一日がんばるってつぶやいたら、先生、よーし、
    TCRがんばるかーって。いっぱいT細胞ゲノムテンプレートがキメラマウスバイオ
    プシーサンプルのまわりに転がってたのは内緒。
    赤のフィルターは自家蛍光を確認するために使ってて、細胞がない視野だったん
    だけど、なんかうつってたかなぁ。
    細胞がある視野は、セキ鯖先生が再現してしまったけど鯖さんももう彼女だもん。


    ネイチャー論文が掲載されたのは2014年1月30日で、2月と言えば論文の胎盤画像の流用と電気泳動の画像の切り貼りに対する疑義が問題になったばかりで、その後、博士論文の画像の使い回しが指摘されたのが3月9日である。世の中が論文の画像を話題にしていたとき、オホホポエムは既にSTAP騒動の核心を突いたコメントを残していた。

    2月8日の①コメント、2月15日の②コメントではES細胞の混入(TS細胞混入も?)が示唆され、2月24日の③にはマウスの混入の指摘があり、3月1日の④では自家蛍光の話をコメントしている。さすがに8番染色体のトリソミーの話はないが、全てがのちに大きな問題とされていくものばかりで、このオホホポエムが口火を切ったとも言える。2月8日の①のコメントは最初のコメントだと思われるが、この「obota胃酸」が大田ES細胞(FES1)を暗示しているとの指摘もあった。

    2014年6月16日に、発生・再生科学総合研究センターが保全されている STAP 関連細胞株に関する検証を発表した直後の6月18日の⑤のコメントでは盗まれたES細胞があることが暴露され、最後の一行は「小保方~地獄の底はまだまだ深いぜwww」である。
    投稿者はさらなる一手を打つつもりだったのだろうか。



    810 :名無しゲノムのクローンさん:2014/06/18(水) 08:24:02.20
    世に倦む日々の人、竹市のこと信用してたのね。御愁傷様。
    竹市は本件をここまで深刻にした張本人です。
    CDBの小保方擁護筆頭、未だに現実を受け入れられない。今日も相澤研までわざわざ小保方に会いにいっちゃったり
    もうホント馬鹿じゃないかと。
    で、細胞の調査をすることには絶対反対ね。認めてもしぶしぶ。CDBは5月末になってやっと細胞の調査を始めた
    けれど、若山にプライマーの配列聞いてたから、一瞬で元のESが同定www
    もっと早くやってればCDBこんなことにならなくて済んだんだよ。氏ねって感じ。

    小保方が引っ越しのどさくさに若山の所から盗んだ細胞が箱ごと発見されたことも公表しろよ。
    丹羽のTSもたくさん出てきただろ。

    相澤も小保方さんを励ましてあげようなんて言ってるんじゃねーよ。お前、監視役として検証チームを
    組織したんじゃなかったのか?陰でこそこそ再現実験させてどうするつもりだ?また手品か?

    小保方~地獄の底はまだまだ深いぜwww


    さて、調査委員会の「STAP細胞がES細胞の混入である」という結論は近縁率表のデータから間違いだと書いたが実は、調査報告書の中には「ES細胞の混入はありえない」という、もうひとつの状況証拠も書かれている。次回はそのことについて書こうと思う。



    関連記事
    スポンサーサイト
    2015.08.07 Fri l STAP細胞事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top

    コメント

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wamoga.blog.fc2.com/tb.php/85-b4f80998
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。