しばらく、「高知白バイ事件」について書いてきたが、書くべき物は書いたのでここでまとめて終わりにしたい。

    1.衝突地点について
      検察が主張する、バスが白バイを撥ねたとする地点④で衝突した根拠は何もない。検察が根拠にしていたタイヤ痕は白バイの前輪ではなく、後輪のタイヤ痕であり、そのため衝突地点の根拠はなくなっている。→参照
     また、同時に弁護側は最終停止位置⑤を衝突地点としていたが、そこも衝突地点ではなく、白バイはその手前で既に転倒している。→参照
     つまり、衝突地点についてはどちらの主張も間違っており、実際には右折車線上の舗装の境界線あたりで、検察と弁護側が主張する衝突地点の中間に位置すると思われる。→参照

    2.衝突時バスは止まっていたか
     多くの証言から衝突時、バスは止まっていたと考えられる。しかし、横滑り痕があることから、白バイの衝突と同時にバスは発進したと思われる。これについては「もう、そろそろ行けるかなと思ったとき、白バイがぶつかった」という生徒の証言がある。左からの車が途切れ、右折可能になったのでアクセルを踏み込みバスが動き出した瞬間、白バイが衝突したと思われる。

    3.スリップ痕、擦過痕の捏造について
     以下の写真はバスに乗っていた生徒が降りようとしている事故直後の写真である。現場検証が始まったのは14時55分からで、この写真にはまだ、バスの横の三角コーンが写っていない。おそらく14時48分過ぎだと思われる。このとき既にバスのスリップ痕や擦過痕が写っている。

    事故直後

     擦過痕を調べると白バイの損傷部分と一致するので、擦過痕は本物であると分かる。→参照
    これから擦過痕と一緒に写っているスリップ痕も本物であると考えられる。また、第4の事故形態を前提にスリップ痕がどうなるかを調べた結果、実際のスリップ痕とほぼ一致する。→参照
     しかし、もともとあるスリップ痕にオタマジャクシ痕やブレーキ痕が書き加えられている。これは、バスが急ブレーキを掛けたという証拠が必要だったからである。→参照

    4.実況見分調書について
     実況見分調書については改ざんされている。これは、白バイのスピードが出ていないようにカモフラージュするためである。→参照

    5.写真の合成について
     警察が書き加えたオタマジャクシ痕やブレーキ痕については合成されている可能性があるが、それ以外のものについては合成されていない。→参照


     以上の通り、警察がバスに過失がある事故に見せるため、証拠を改ざんしているのは確かだが、無かったスリップ痕等を捏造して作ったというものではない。スリップ痕や擦過痕自体が捏造されたという弁護側の主張は間違っていたということである。おそらく、オタマジャクシ痕を見て、全ての証拠が捏造されたと思い込んでしまったのだろう。このため、間違った主張を展開することになり、事件はより複雑なものになり、混乱してしまったと言える。

     さて、再審請求の棄却にともない高松高裁へ上告が行われているが、弁護側は今までと同じような主張を展開していくのだろうか。長年の主張を転換することになるが、間違ったことを正して、戦略を一から練り直す以外に道は開けないだろうと思う。
     
    関連記事
    スポンサーサイト
    2015.01.16 Fri l 高知白バイ事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top

    コメント

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wamoga.blog.fc2.com/tb.php/80-0d992620
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)