被告が「全部、自分がやった」と打ち明けたのは5月19日(月)の夜である。その翌朝、佐藤弁護士と面談し、犯人として事件の内容を打ち明けている。それをそのまま佐藤弁護士が信じたのは、犯人の使っていたメールアカウントにログインしていたという事実と事件について話した内容に納得したからであろう。

     犯人でもない被告が犯人として事件の内容を話せたのは、自作自演メールを作っていたからである。自作自演メールは犯人からのメッセージとして犯人性を高める必要があった。このため、捜査資料を読込み、事件の内容を把握して、被告は自分なりの犯人像を作り出していたのである。被告はこの自作自演メールを一か月程掛けて作ったと言っている。

     しかし、実際に公判が始まってしまうと、犯人として供述するのは苦痛そのものであったろう。犯人であればどのような質問にも即座に答えられるが、被告はどんな被告人質問になるかを非常に気にしていたという。これについて8月7日(木)の第15回公判後の記者会見で佐藤弁護士は次のように話している。

     接見をやっているんだけども、どういう質問があってどういうように答えたらよいか、すごく気にするタイプの人で、我々がどう理解しているかを示す意味でも、インタビューした結果についてまとめたような形で示してもらうというか、インデックス(目録)があることをすごく好む人です。何でも聞いてくださいということでは全くありません。

     IT関連の証拠は特別弁護人の野間氏と一緒に検討しており、ある程度のことは答えられるだろう。また、質問する検察もIT専門家ではない。しかし、その他の内容について、新しい質問があったら、やってもいないので答えようもないのである。

     これを助けたのは、再収監後の検察による取り調べであったろう。被告の自白があってからは弁護団も録画なしの被告の取り調べを認めている。結局、取り調べにおいて検察が持ち出すストーリーを被告はそのまま踏襲していったと思われる。検察がいろいろ質問することで、被告はそれを覚えて答えたのである。雲取山に関する供述をみると、そのことが手に取るように分かってしまう。自白した供述に秘密の暴露がなく検察のストーリー通りであったのはこのためである。また、検察だけではなく弁護人からの質問も同様に想定問答集があるようだ。第15回公判後の記者会見で今日のやりとりの中で想定外のことはあったのかという質問に特別弁護人の野間氏が次のように答えている。

    言い忘れはありました。想定問答の中では書いてあったけど、言わなかったことは幾つかあったと思います。それが深い意味があるかどうかはよく分かりません。

     この事件は被遠隔操作者も6人、脅迫メールだけでも14件と多岐に渡っており、犯行告白メール、ラストメッセージ、雲取山、江ノ島等さまざまな被告人質問が出されるため、公判が進むにつれ被告の精神は極限に達していったと思われる。8月7日(木)の第15公判を傍聴したkensyo_jikenboさんはそのときの被告の印象を次のように書いている。

    (kensyou_jikenboブログから)
    入廷時に見たら、髪の毛がボサボサで、上はTシャツ、下はジャージのズボンでシワが多い感じ。拘置所にいて服装に気を使ってなくても仕方ないだろうが、それにしてもヨレヨレというような印象。初めは前回7月30日と一見似たような雰囲気と思ったが、見ていると全体的にヨレヨレの度合いが進んだ気がした。そして何より、入廷から証言台横の控え椅子に座っているところまでは表情が見えたが、「目が浮いている」という感じがした。普通だと「目が泳いでいる」という表現になるのかも知れないが、その時は「泳いでいる」というより「浮いている」ように当方には見えた。前回はそこまでの印象はなかった。

    それが被告人質問に答える段になると、前回にも増して淀みなく答えている印象。しかも質問されてから答えを始めるまでの間が殆ど無く、反応が非常に早い(あー、とか、えー、や沈黙を入れて一旦考えてから話すようなことは無い)。受け答えがしっかりしていて、外見の様子とのギャップが大きすぎて驚いた。
    (終わり)

     この後、犯行に関する被告人質問が終わり、被告は精神的に落ち着きを取り戻していったようだ。11月4日(火)の第18回公判では、今までの目が宙に浮いたような感じは殆ど無く、被告人質問への答えは、声がハキハキしていて力があり、保釈後の頃に近づいた印象だったとkensyo_jikenboさんは書いている。

     7月30日(水)の第14回公判で被告は雲取山のUSBを埋めた位置を間違えてしまったが、誰にも気づかれなく、第16回公判で少し話題になっただけで、なんとか無事に被告人質問を乗り切ったのである。



    関連記事
    スポンサーサイト
    2014.11.16 Sun l PC遠隔操作事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top

    コメント

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wamoga.blog.fc2.com/tb.php/65-3df4526a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)