さて、「公開質問票」の締切を11月7日にしていたが、最高裁からはなんの返事もないので、週明け、さっそく電話してみた。

    -以下電話応対時のやりとり-
    (和モガ) 広報課長をお願いします。
    (応対者) 広報課長には電話の引き継ぎはしていません。→(ああ、そうですか(心の声))
    (和モガ) 職員の服務規程違反について情報提供した和モガといいますが、その件で分かる
           方お願いします。
    (応対者) しばらくお待ちください・・・・・・
           (このしばらくが長いのなんの。子機のバッテリー切れで電話が切れてしまった。
           15分は待たされていたのではないか。期限が過ぎたら電話が掛かってくる位、考
           えてあらかじめ対応しとけよ、と思いつつ、気を取り直して再度、電話。)

    (和モガ) 先ほど服務規程違反の件で電話した者ですけど・・・(で、やっと担当者、出る。)
    (和モガ) 服務規程違反で情報提供した者ですけど、回答がないので電話しました。どうな
           っているでしょう?
    (佐 原) その件については裁判所としては回答すべき事項がないので回答はしません
    (和モガ) えっ!勤務時間中に業務と関係ないサイトを見ているんですけど、これって公務員
           の服務規程違反ですよね。裁判所の職員は勤務時間中に自由にネットを見れるん
           ですか?回答すべき事項はない、はないでしょう。(怒り爆発
    (佐 原) 事務遂行以外の目的でのサイトの閲覧は禁止されているが、職員による個別のサ
           イトの閲覧やその目的については、その有無を含めてお答えしません
    (和モガ) 職員の服務規程違反についての情報を握り潰そうということですか?裁判所には
           職員の不正を通報する窓口はないんですか?
    (佐 原) その件についてはお答えしません。→(裁判所職員は悪さし放題なのか?)

     ・・・・・・・・・・・ここから、お決まりの押し問答が始まる・・・・・・・・・

    (佐 原) 裁判所としては回答すべき事項がないので回答はしません。
    (和モガ) 裁判所のどの部署がそう判断したのですか?
    (佐 原) 裁判所全体の判断です。
    (和モガ) そんな訳ないでしょう。じゃあ、あなたが言っているその内容を文書で回答して下さ
           い。
    (佐 原) 文書での回答は拒否します。 

    ・・・・・・・・・・・・埒があかないのでクロージングに移る・・・・・・・・・・

    (和モガ) 広報課長のお名前を教えてくれますか。→(言っていいかお伺いを立てに行った)
    (佐 原) 「氏本 厚司」 です。
    -終わり-

     というやり取りで最高裁事務総局広報課の電話を切り、今度は人事院総務課広報情報室に電話をした。この人事院総務課広報情報室というのは法令違反通報窓口である。ただし、人事院職員に対する窓口で他省庁の対応窓口ではない。ここに電話をすると対応を教えてくれるだろうと思ったからである。

     話をすると人事院では対応できないというのである。人事院が対応できるのは一般職の職員であって裁判所の職員は特別職だからという。国家公務員法では確かに裁判所職員は特別職になっており、国家公務員の倫理規定の適用対象外で人事院でもアンタッチャブルなのだ。

    ということは法の番人はどこからも介入出来ない組織で、他の者には法律をビシバシ適用し、自分達に火の粉が飛んでくると「・・・・についてはお答えしません」と言えば全て、それで済んでしまうことになる。日本にこのような組織が存在することに初めて気付いたが、これでは放置国家である。これはどげんかせんといかんやろうと思う。


    関連記事
    スポンサーサイト
    2014.11.11 Tue l 東京第五検察審査会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

    コメント

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wamoga.blog.fc2.com/tb.php/62-7d351441
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)