22日に簡易書留で送った封書の配達は翌日の23日の15時過ぎには届いていた。23日は祭日だったので、業務は休みのはずで変だなと思っていたが、休みの日は当直がまとめて受取り、翌業務日に各部署へ振り分けるらしい。翌日、事務局長に確認の電話をしてみたが、届いているが開封していないとのこと。そのため、確認は今朝になったが、以下は事務局長との電話のやりとりをまとめたものである。

    -送付文書について-
    (事務局長)
    ・1枚は私宛の手紙のようなもの、もう一枚は「審査申立書」の先頭ページで内容は読んだ。
    ・送って貰った「審査申立書」の比較はまだ、時間がないのでしていない。

    -「審査申立書」の確認について-
    (事務局長)
    ・既に審査が終わっているので記録庫にある。
    ・他の事件で手が回らない。これから検討させてもらう。
    ・見ても既に終わった事件の中身になるのでお答え出来ないかもしれない。
    (和モガ)
    ・我々は審査の中身を問題にしている訳ではない。「審査申立書」がすり替えられたかどうかを問題にしているだけ。

    -「審査申立書」がすり替えられたという根拠について-
    (事務局長)
    ・「審査申立書」がすり替わっている根拠は何か?
    (和モガ)
    ・「審査申立書」には検察の捜査には不正があり、はじめから不起訴になると思っていた。それでも告発したのは不起訴を理由に審査申立てることが目的だった。検察審査会の調査権を使って調べてほしかったから。そのことを申立ての理由にちゃんと書いている。しかし、議決理由には独自調査をしたことが一切書かれていない。検察の不起訴処分資料と「審査申立書」を精査して結論を出したと書かれている。
    ・第五検審に「審査申立書」を送付したときに被疑者が事務官として在籍している。今年4月に第五検審は総入れ替えになっており、この異動のどさくさにすり替えたとしてもおかしくない。
    (事務局長)
    ・審査申立人の要望に全て答える形で議決の理由が書かれる訳ではない。
    (和モガ)
    ・それは理解できるが、我々の「審査申立書」に対して、その議決理由になるのは誰が考えてもおかしいと思うはず。

    -審査について-
    (和モガ)
    ・我々の「審査申立書」が使われていなければ審査が終わったことにはならない。
    (事務局長)
    ・検察審査会は検察の捜査が妥当だったかどうかを審査するところで、その審査は既に終わっている。
    (和モガ)
    ・審査会は審査申立人の「審査申立書」によって審査されるものであるから、その内容に沿って審査されるべき。当然、審査の内容が違ってくれば議決は違ったものになる。「審査申立書」がすり替えられていたなら、改めて審査がなされるべき。

    ということで結局、事務局長に「審査申立書」を確認してもらい、違うなら連絡をくれるよう要請した。事務局長宛文書を見てもらったので、予定通り以下の文面で審査会長宛、送付した。

    審査会長宛0922500


     


    関連記事
    スポンサーサイト
    2014.09.25 Thu l 東京第五検察審査会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

    コメント

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wamoga.blog.fc2.com/tb.php/56-20ac4d52
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)