裁判における雲取山の供述から被告はUSBを埋めていないことは明らかである。つまり、被告は犯人ではなかったということになる。被告が犯人と思われる証拠はいろいろあるが、これらについて、ひとつずつ反証していこうと思う。

     あれだけ無罪を確信していた弁護団があっさり白旗を上げたのは、被告が自白したというだけでなく、犯人しか知り得ないonigoroshijuzo2のアカウントのパスワードを知っていたからであろう。弁護団はこれを片山氏が犯人だという決定的な証拠とみなしたのだと思う。第13回公判でonigoroshijuzo2のアカウントには多数のパスワード間違いがあったが、ログイン出来たのは被告だけであったとされた。しかし、私はこれを決定的な証拠だとは思っていない。「PC遠隔操作事件」では犯人しか知らないはずのパスワードを入力し、犯人のメールアカウントにログインしていた共同通信社の記者もいた。私はこれと同じことが起こったと考えている。

     犯人が最初のメールで使ったのはonigoroshijuzoのアカウントである。これを使い「告白メール」が送信されている。このアカウントにログインしたのは共同通信社の記者の他にも数人あった。この理由は「告白メール」の中に福岡市の男性のPCを遠隔操作し、新しいメールアカウントを作成して脅迫メールを送ったことが書かれていた。その中にメールアカウントのパスワードも書かれていたのである。これをヒントに同じパスワードを使って共同通信の記者らはログインしたのである。犯人はパスワードを使い回していたのである。

     他人によってログインされたことを知った犯人は、パスワードを変更し以後、誰もログイン出来なくなった。その後、再度、onigoroshijuzoのアカウントで「謹賀新年メール」が送られている。「謹賀新年メール」は雲取山にUSBを埋めたというものであった。それを送った直後、犯人はアカウントを削除している。これが最後のメールでもう必要ないと思ったのだろう。しかし、犯人の思惑に反して、雲取山のUSBは発見されなかった。ヤフーIDは削除してしまうとそのアカウントは2度と使えない。そこで犯人は新しいアカウントonigoroshijuzo2を作ったのである。このonigoroshijuzo2のアカウントに被告はログインしていたということである。

     一見して、被告が犯人に間違いないと思われる。しかし、被告は警察の捜査資料を見れる立場にいた。その捜査資料の中に共同通信社の記者と同じようにパスワードのヒントを見つけていた可能性がある。おそらく、onigoroshijuzo2のパスワードはonigoroshijuzoで変更したパスワードをそのまま使っているはずである。捜査資料の中にその変更内容が記載されていたとしてもおかしくないのである。これについては弁護団に調べてもらえば、すぐ分かることである。
    関連記事
    スポンサーサイト
    2014.08.18 Mon l PC遠隔操作事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top

    コメント

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wamoga.blog.fc2.com/tb.php/33-2ec6ed2e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)