FC2ブログ
     以上の論理を用いて、STAP 幹細胞や FI 幹細胞が ES 細胞に由来すると結論することができた。この場合、STAP 幹細胞や FI 幹細胞の作製時に ES 細胞が混入した可能性、ES 細胞作製時に STAP 幹細胞や FI 幹細胞が混入した可能性、の 2 つの可能性が考えられるが、今回の場合はいずれも ES 細胞の方が STAP 幹細胞や FI 幹細胞より早い時期に樹立されている。よって、STAP 幹細胞や FI 幹細胞の作製時に ES 細胞が混入したと認められる。

    これは調査報告書の一節(P13)である。この前段にはES細胞とSTAP幹細胞、FI幹細胞が全ゲノム解析により、同一の培養細胞由来であることが書かれている。

    気が付きにくいが、調査委員会のこの論理は完全に間違っている。

    ES細胞の作製時期と STAP 幹細胞や FI 幹細胞の作製時期を問題にしているが、これはES細胞から作られたとするときだけ意味をもつ。すなわち、STAP細胞がないことを前提として、STAP幹細胞やFI幹細胞が作られたとするなら、ES細胞の作製時期がSTAP 幹細胞や FI 幹細胞より早くなければならないのである。

    一方、ES 細胞に STAP 幹細胞や FI 幹細胞が混入したとするときは、STAP細胞の存在を前提にしているから、ES細胞の作製時期を云々することには意味がない。つまり、ES細胞が先に作られていてもいいし、後でもいいのである。

    従って、以下の可能性(仮説)はそれぞれ成り立つ。

    ①ES細胞が混入してSTAP幹細胞、FI幹細胞が作られた。
    ②STAP幹細胞、FI幹細胞がES細胞に混入した。
     (実際にはES細胞はSTAP幹細胞にすり替えられた)

    調査委員会は②の可能性がないとしたため、①「ES細胞の混入」を選択した。しかし、この仮説は「ES細胞の混入」と言いながら、混入の実態を一切、説明出来ないのである。

    誰が混入させたか分かりません、どのタイミングで混入させたか分かりません、どのような手を使って混入させたかも分かりません、でも、「ES細胞の混入」です。このようなおよそ仮説とは呼べない仮説が科学者の間で広く認められ、しかも誰一人としてそのおかしさに気づかないというのは、生命科学界のブラックジョークという他ないのである。

    関連記事
    スポンサーサイト



    2018.10.24 Wed l STAP細胞事件 l コメント (2) トラックバック (0) l top

    コメント

    承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    2018.12.25 Tue l . l 編集
    承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    2018.11.05 Mon l . l 編集

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wamoga.blog.fc2.com/tb.php/186-cadec003
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)