上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top
    昨年の2月、「「STAP細胞事件」-テラトーマの怪」で、小保方氏がヌードマウスにOct4-GFPのSTAP細胞を移植して渡米している間に、混入偽装犯がAcr/CAG-GFPのSTAP幹細胞を被せて移植し、テラトーマを作ったのではないかと書いた。

    最近、その推測は正しかったことを阿塁未央児氏のツイッターで知った。そのツイッターには調査委員会の論文「STAP cells are derived from ES cells」にテラトーマからOct4-GFPが検出されていることが書かれていた。

    Fig.1dには、テラトーマの別々の切片2つ(レーン1と2)と陽性対照群としての3種類のSTAP幹細胞FLS4(レーン3)、ES細胞129B6F1 ES5(レーン4)、STAP幹細胞GLS13(レーン5)、陰性対照群としてのB6マウス(レーン6)の試料から検出されたAcr-GFPとOct4-GFPの検出量が、Il2(インターロイキン)遺伝子の検出量を2コピーとして掲載されている。

    テラトーマのqPCR

    この図でレーン1のテラトーマからは約30コピー(Il2の検出量を2コピーとしているので目盛15は30コピーになる)のAcr-GFPが検出され、同時にOct4-GFPが1コピー検出されていることが分かる。つまり、1つのテラトーマの切片からAcr-GFPとOct4-GFP、両方検出されているのだ。

    Acr-GFPとOct4-GFPが共挿入されたトランスジェニックマウスは若山研にはなく、そのようなES細胞、STAP幹細胞も存在しない。このため、小保方氏がヌードマウスにOct4-GFPのSTAP細胞を移植したというのは紛れもない事実で、その結果、定量PCRで検出できるレベルのテラトーマが作られていたことになる。そしてその同じ試料からAcr-GFPが検出されているのは、そこにAcr-GFPを持つSTAP幹細胞も移植されていたということだ。

    小保方氏に悪意を持つ人間が小保方氏のいない間に、テラトーマ実験をこっそり妨害していたという痕跡がしっかり残っているのである。

    関連記事
    スポンサーサイト
    2017.04.21 Fri l STAP細胞事件 l コメント (3) トラックバック (0) l top

    コメント

    No title
    >Acr-GFP付きFLSを移植しただけにしては不可解

    JISAIさん。FLSの樹立は2012/1/31~2/2、12/27Harukoテラトーマは2011/12/27移植です。今できたものを過去にインジェクトできません。整理し直されてください。最初の実験に使われたマウスは「僕のマウス」ではありません。岡部マウスとのF1だとしたらどうなるのでしょうか。
    2017.04.22 Sat l 閲覧者. URL l 編集
    No title
    桂報告書ではコピー数についてはプライマーによるPCR効率の違いを補正していない半定量的な測定としており、また、同じ試料と思われるレーン1と2でもコピー数が6程違うのでFLS4とのコピー数の違いを問題にするのは危険な気がします。
    2017.04.22 Sat l wamoga. URL l 編集
    No title
    阿塁未央児氏も指摘されてますが、CD45カルステラトーマのAcr-GFPがFLS4の20コピーよりも約10コピーも多いのは、Acr-GFP付きFLSを移植しただけにしては不可解で、
    コピー数が違うということは、Acr-GFPの遺伝子挿入が違うものがあるということであり、
    Acr-GFPの遺伝子挿入がSTAP細胞樹立後に行われたものと考えてれるのではないかと。
    オホホポエムに
    >ワカメオホホ細胞のb6ゲノムは無理・・・OCT3/4::GFPリンパ球はb6・・・cag-GFPエアオホホステムは129/b6ESトランスフェクトだからショットガンリードの周辺配列は・・・カオス
    とあるのは、若山研内での処理として、小保方氏作成のOCT-GFP/B6のSTAP細胞に129/b6ES(CAG-GFP)或いはAcr-GFP付き細胞からトランスフェクトしていたことを示していたのでは(小保方氏がFLSを黒毛のGOF(B6)かと思っていたのもこれかも?
    (もっというとFES1,2や129B6F1ES1~6のESすらも、若山研産のGFP付き129B6F1はトランスフェクトで上書きされているとしたら?
    2017.04.22 Sat l JISAI. URL l 編集

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wamoga.blog.fc2.com/tb.php/149-8e893c97
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。