上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top
    「STAP細胞事件」について、ブログ「小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」のコメント投稿者Ooboe氏のパートナーだという人による告発の話が出回っているので、これについて少し書いてみたい。

    告発状を書くときは、検察が起訴状を書くように書けとどこかで読んだことがある。つまり、犯行の三要素、「動機」、「機会」、「手段」について調べた範囲で明らかにし、この行為は刑法〇〇条にあたる。よって、厳正な処罰を求める。というような具合である。

    この告発状の内容について、警察・検察の要求するレベルは我々が思っている以上に高い。我々が思うのは裁判で使えるレベルであるが、警察・検察が要求するのは、それを裁判で争って勝てるレベルである。

    「公的第三者機関というが、放医研は正式な解析契約をしていない。単なる個人の解析に過ぎないものを、さも権威ある機関によって解析されたように装った偽称である」。これは裁判で使えるレベルであろう。

    対して、弁護側は「個人の解析であっても、放医研に勤務する利害関係のない専門家が解析したものであるから、公的第三者機関という言葉を使ったからといって偽称ということにはならない。解析契約のあるなしでそれらの言葉を使い分けよというのは一般常識から外れている。」という反論になるだろう。

    その告発内容では不十分でも裏付け捜査をすれば、さらなる事実が明らかになりそうだと思えば、警察は受理してくれるだろう。その結果、勝てると思えば起訴、そうでなければ不起訴になるのである。

    この告発の話で気になったのが「動機」である。ネットを見る限り、小保方氏の研究者生命と研究業務を妨害したとする若山氏の「動機」が明らかにされていない。この告発内容で受理してもらうためには、何故、若山氏がかつて共同研究者であった小保方氏の研究妨害をしなければならなかったのかという「動機」については、書いておくことが必要だろうと思う。



    関連記事
    スポンサーサイト
    2017.03.15 Wed l STAP細胞事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top

    コメント

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wamoga.blog.fc2.com/tb.php/146-39313e37
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。