上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top
    「あの日」には小保方氏が保管していた試料がなくなっていたことが書かれている。

    若山研にいた頃に作製され、大切に箱に保存していたサンプルのいくつかが、箱の中から消えていたのだ。特に重要な、ほぼすべての組織が初期胚に注入した細胞から形成されるSTAP細胞からの4Nキメラと呼ばれるサンプルのホルマリン漬けなどがなくなっていた。

    STAP細胞からのテラトーマの実験も複数回行われていたが、それらのサンプルもなくなっていた。

    なくなっていたのは、いくつかのサンプルで、残されているキメラやテラトーマもある。それらは調査委員会によって解析され、いずれもES細胞FES1由来の可能性が高いとされている。つまり、小保方氏の試料は解析されていいものと、解析されると困るものが選別されているのだ。

    選別するのには理由がある。STAP細胞は一週齢の仔マウスのリンパ球から作られている。同じ親から生まれても仔がそれぞれ違うように、4NキメラがFLSとは違う仔マウスのSTAP細胞から作られていれば、DNAを調べると同じAcr/CAG-GFPを持つ129B6F1であってもFES1由来でないことが分かり、4NキメラがES細胞の混入なく作られているのが分かるからである。

    2014年2月、論文疑惑が持ち上がったとき、小保方氏が細胞サンプルを廃棄しはじめたので、理研有志が実験室の鍵を付け替えたことがフライデー(2015年1月23日)に掲載されている。実験室の鍵を付け替えると、自由に小保方研に出入りできるので、そこで試料が盗まれたようにみえるが、そのとき既に、試料は抜き取られていたはずだ。

    木星通信氏の取材によれば、若山研が山梨大へ引越した状況(2013年3月)は次のようなものであった。

    リ氏の試料は若山氏が引越終わって「週末には冷凍庫の電気を消すから必要なものはそれまでに運び出すように」と言われて小保方さんが慌てて見に行ったら冷凍庫の自分の棚にリ氏のボックスがあり、残された(要らないもの)と判断したが、自分には捨てる権限がないので居候先の笹井研へ運び、自分の研究室が出来た時にそこへ残す訳にも行かず、そのまま運び込んだ、というのが真相のようです。

    若山研の引越しを小保方氏は知らなかったことが分かる。教えなかったのは犯人が小保方氏の試料を抜き取り、逆に「129/GFP ES」などの「混入偽装」の試料を置く時間が必要だったからである。

    試料は犯人でないと選別できない。つまり、STAP実験が成功し、「混入偽装」を思いついた犯人が、偽装工作をして逐一その成果物を見ていなければ、作製された試料を選別することはできないのである。2014年2月以降の論文疑惑の騒ぎに乗じて、小保方研を封鎖してみたところで、秘密裡に行われたSTAP関連試料を第三者が選別することは不可能なのだ。

    また、試料の廃棄にしても、誰にも気づかれず、冷凍庫の-80度の試料を廃棄するのは簡単ではないだろう。引越しのときであれば、廃棄したい試料を引越しの荷物に加えるだけでいい。引越しが終わったら、ゆっくりと廃棄処分すれば済むのである。

    「混入偽装」は「STAP細胞事件」が起きた前年に投稿したSTAP論文を潰すためのもので、その偽装工作は、AC129のマウスをすり替えたところで終わり、2013年3月の若山研の引越し時の工作で完結していた。2012年のSTAP論文は3誌が全てリジェクトしたので、その工作が表にでることはなかったが、笹井氏が加わったSTAP論文がネイチャーに掲載されたので、それが時限爆弾のように炸裂したのである。

    2012年版のSTAP論文以降の細胞株AC129やFLS-Tも解析されているが、それらは若山研から送付するサンプルをすり替えるだけでいいのである。

    ①STAP幹細胞AC129はES細胞129B6F1ES1由来である
     小保方研にあったのは129B6F1ES2~6の5株であるが、いずれもAC129とは違っていた。そこで若山研にあった129B6F1ES1を取り寄せ、調べると酷似であると分かった。これは犯人がSTAP幹細胞AC129を培養したものをES細胞129B6F1ES1として送っているからである。小保方氏に129B6F1ES1を渡してなかったのは、AC129もいずれ論文に書かれることを想定していたからである。
    ②STAP幹細胞FLS-TはES細胞129B6F1ES1由来である
     FLS-Tは山梨大への移転直前、若山氏が自分でもできるか試しに作ったものである。小保方氏の指導のもと、STAP細胞を自分で作り、そのSTAP細胞から作ったSTAP幹細胞である。これが129B6F1ES1由来と言われたのは、若山研にあったSTAP幹細胞AC129を培養しFLS-Tとして送っているからである。FLS-TはAC129と同じだからES細胞129B6F1ES1由来とされたのである。



    関連記事
    スポンサーサイト
    2017.03.21 Tue l STAP細胞事件 l コメント (14) トラックバック (0) l top

    コメント

    No title
    あなたが佐藤貴彦さんペンネームの方かどうかは知りませんが、私はooboeさん紹介で二冊の本は読んでいます。とても勉強になった。佐藤さんは必ず3部作の『STAP細胞 全解明』を書かれる人だと期待してるんです。
    4NだからESにした時に既にリシピエント胚のESが無いと判断してsortしなければならないことに気づいていなかったからなんですね。お返事を待っていてよかった。今日はいい日でした。
    2017.03.31 Fri l 閲覧者. URL l 編集
    Re: No title
    学とみ子さんや閲覧者さんのコメントを参考に、自説をブラッシュアップしていますが、FLSを作った仔マウスがクローンマウスだったとすると、そのもとのSTAP細胞は今、閲覧者さんが問題にしている11月28日に撮られた129/Sv×B6GFPが候補になります。これが、129/Sv×B6(Acr/CAG-GFP)だった可能性がある。そのときSTAP幹細胞も作られていたとすると、その核からFLSを作ったクローンマウスを作ることができる。FLSはクローンマウスだから、ミトコンドリアはB6になり、出来た仔マウスは全て♂でSTAP幹細胞も全て♂になる。すると、12/27のテラトーマで小保方氏がいなくなった隙に、犯人がこのSTAP幹細胞を移植したら、Acr/CAG-GFPがみつかることになる。この時点では、まだキメラ胚からSTAP幹細胞を作っているはずで、4Nのためソートしていないとすると、移植された細胞組織の一部にAcr/CAG-GFPのないホストの組織が出る可能性がある。STAP細胞の元になるリンパ球のDNAは全て同じだからSTAP細胞も出来やすいんじゃないか。ある時期、STAP細胞が大量にできたというのはこういう事情があるのかもしれないですね。
    2017.03.31 Fri l wamoga. URL l 編集
    No title
    レターの胎児写真にはbに胎盤寄与の染色データがついています。この胎盤を小保方さんが渡されたのは手記によれば2012年の3月以降らしい。いつ作成された胎盤かも分からない。これが解明のカギでしょうね。
    小保方さんはレター論文は本来なら書けない人です。そもそもSTAP幹細胞を作れたことのない人です。その人がこの論文部分を書くことになる経緯がこの問題の謎に絡んでいるでしょうね。
    2017.03.30 Thu l 閲覧者. URL l 編集
    No title
    小保方さんの論文ではアーティクルの上はB6GFPxDBA/2で、同じ図表のbの一番最上段にあるマウスストレーンです。bは無論2Nの実験結果です。dの上の段はですからその時に同時に4N処理されたキメラ胚からの胎児写真だと主張していることになる。それを若山さんはこの写真は自分が2011/11/28に撮影した129/SvxB6GFP由来の4Nキメラの写真と同じものだと主張している。しかし、逆に小保方さんから言わせるとレターの写真は雌雄逆のB6GFPx129/Sv だと聞いてたけどということになる。B6GFPx129/Sv の写真だときいていたものが2011/11/28に撮影した129/SvxB6GFP由来の4Nキメラの写真であったなんてあなたの方が嘘をついているのではないの? 生データ出してくれる?
    2017.03.30 Thu l 閲覧者. URL l 編集
    No title
    和モガさんの意見を聞きたかったんですが、ROM専ですか。以下、ご承知のリトラクション理由ですが、支離滅裂だと思います。
    >>
    (2) Extended Data Fig. 7d in the Article and Extended Data Fig. 1a in the Letter are different images of the same embryo and not, as indicated in the legends, a diploid chimaera embryo and tetraploid chimaera embryo.

    Extended Data Fig. 7d in the Articleは上がB6GFPxDBA/2で下が129/SvxB6GFPです。Extended Data Fig. 1a in the LetterはB6GFPx129/Sv です。different images of the same embryo と若山さんが言っているのはまず、レター側は雌雄を小保方さんが間違っているとしている。つまりそれは本当は129/SvxB6GFPだという。だからアーティクルの下と同じだと言うのなら分かるが、画像は全く胎児の大きさが違っていて、そっりりなのは上のB6GFPxDBA/2の写真です。
    この人一体何なんでしょうか。小保方さんは言われたとおりにしか記載できない立場ですよ。データを与えた方が論文アクセプトされるまでそれに気づかなかったわけではないでしょ。8月に笹井さんに自分でも理解できない論文になっていたから責任著者を降りたいではなくて、どこが間違ってるかを言わないといけないでしょ。なぜ言えなかったのだ。間違ってるのはお前さんだろと言いたくなりますよね。
    2017.03.30 Thu l 閲覧者. URL l 編集
    No title
    自分の間違いと桂報告の間違いと同時に気づきました。失礼しました。
    まずArticle Extended Data Fig.7d の上はB6GFPxDBA/2で、下が129/SvxB6GFPです。
    そしてLetter Extended Data Fig.1a はB6GFPx129/Sv で、桂報告は♂♀逆だと言ってるのですが、疑義はこの胎児がArticle Extended Data Fig.7d の上のB6GFPxDBA/2と同じと言ってるんですね。
    もし写真が同じなら小保方さんはアーティクル側のキャプチャーも上下間違えていることになるが。
    いずれにせよ、2011/11/28の撮影はFLSではあり得ません。若山さんの樹立日が本当なら。
    なんともややこしくなりました。
    2017.03.24 Fri l 閲覧者. URL l 編集
    No title
    手記では最初の129B6F1の実験は失敗でした。その後のナイフ切り分けが何のF1であったかは厳密にいえば書かれていません。
    若山さんの話では胎児のCAGが光ったというだけでホモかヘテロかも説明されていない。
    FLSは若山さんの持ち出しリストと桂報告によれば2012年の樹立です。
    桂報告ではアーティクル論文Extended Data Figure 7のdの上の4Nキメラはレター論文Extended Data Figure 1のaだとしていて、画像のプロパティを根拠に2011/11/28撮影の4Nだとしています。
    少なくともFLSではありえないデータが論文にあることになってしまうのですが、情報として何を採用するか取捨選択の方針をお持ちですか?
    2017.03.24 Fri l 閲覧者. URL l 編集
    Re: No title
    最初に出来たキメラというのは「あの日」に書かれていた、129B6に変えて塊で入れたら出来たというキメラです。これは論文には書かれてないと思います。論文のCAGヘテロというのはFLSのことだと思います。
    2017.03.24 Fri l wamoga. URL l 編集
    No title
    >最初にできたキメラとSTAP幹細胞は論文通りの129B6F1CAGホモだったと思います。

    論文はCAGヘテロと書いてありますが、、、
    小保方さんの勘違いという読み替えでしょうか?
    2017.03.24 Fri l 閲覧者. URL l 編集
    No title
    STAP細胞はマウスの系統が違っていますが、論文通りマウスから作られていると思います。FLSは隠されていないですが、最初にできたキメラとSTAP幹細胞は論文通りの129B6F1CAGホモだったと思います。10月前?にできていたと思いますが、これは隠されていますね。

    STAP細胞を作った仔マウスがクローンマウスだったというのは考えたことなかったですが、面白いですね。考えてみる価値があると思います。
    2017.03.23 Thu l wamoga. URL l 編集
    No title
    
FES1(129/GFP ES) 、GOF-ES(GOF ES)は「Obokata RNA」に。しかし129B6F1ES1はなく、あるのは129B6F1ES6(129B6F1GFP ES-6)。129B6F1ES1は山梨大。AC129が何故129B6F1ES6と酷似ではなく、若山研にある129B6F1ES1と酷似 に?まさかアクセプトされ、解析されるなんて考えていなかったんでしょう。
    全て若山研由来。
    2017.03.23 Thu l LL. URL l 編集
    No title
    最近論旨が追いにくくなりました。また、確認させてください。
    和モガさんはSTAP論文に書かれているキメラとSTAP幹細胞はスタンダードな手法で書かれている通りにできていて、それが隠されたというご主旨ですか。
    スタンダードな手法の中にはナイフ切り分けまでは入りますが、STAP細胞の核を移植したクローン胎児作成とか、その途中でntES化した細胞を使ってキメラを作るというようなものは含まないという意味です。
    2017.03.22 Wed l 閲覧者. URL l 編集
    小保方氏が受け取ったマウスがクローンマウスの可能性は?
    小保方氏が受け取ったマウスがクローンマウスであった可能性はいかがでしょうか?これだと、STAP細胞と同じ遺伝子構造のES細胞は、マウスをつくる前からあります。2014年のヤフー知恵袋に、オホホポエム様の書き込みがあります。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12127010257
    2017.03.22 Wed l 学とみ子. URL l 編集
    No title
    小保方の試料を調べろ、再現実験させるな!
    と言っていたから何かしらシナリオがあったんだろうとは思う。
    2017.03.21 Tue l 名探偵気取り. URL l 編集

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wamoga.blog.fc2.com/tb.php/143-afa2a44b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。