上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top
    STAP論文が発表された直後、「SpermEgg Journal Club」という掲示板にそれを見た「べ」氏が驚きのコメントを寄せていた。そのコメントに「Cumulina」氏が次のように返信している。内容からしてこの人は若山氏に違いない。

    No. 2172 (2014/02/02 02:51) Cumulina
    べさま コメントをありがとうございます。核移植を一番の専門にしているのに、核移植のいらない初期化方法を発表して、自分で自分の首を絞めている論文の関係者です。今回の小保方さんの発見はすごすぎたのかレフェリーに相手にしてもらえず、ずいぶん苦労しました。いまマスコミでリケジョとか違う方向で話題になっていますが、本当にすごい研究者で膨大な実験を徹夜続きで行いました。論文ですが、サプリにたくさんのデータが乗っていますが、それもほんの一部です。たとえば細胞の樹立がなかなかできず、STAP細胞を注入したキメラ胚を使って初めて樹立に成功したデータは、当初それだけで論文にするつもりでしっかりした表と解析を行っていたのですが、途中から直接簡単に樹立できるようになり、葬り去られました。実験中にどんどん発展していったのでしょうがないですが、STAP細胞の将来がすごく楽しみです。


    下線の部分だが、なかなか樹立できなかった細胞とはSTAP幹細胞のことだと思われる。内容からするとSTAP幹細胞はキメラ胚から作られたことになる。初期胚にSTAP細胞を注入してキメラ胚を作り、その後、胚盤胞の内部細胞塊を取り出して作ったのだろう。これはクローン胚から核移植ES細胞を作る方法と同じである。

    最初のSTAP幹細胞が出来たときの状況が「あの日」に次のように書かれている。

    ある日いつも通りスフェアを渡すと、「これまではスフェアをバラバラの細胞にしてから初期胚に注入していたが、今日からはマイクロナイフで切って小さくした細胞塊を初期胚に注入してキメラマウスを作ることにした」とおっしゃった。それから10日後、若山先生からキメラができたと連絡を受けた。その上、残りの細胞をES細胞樹立用の培養液で培養したらES細胞様に増えだしたと報告された。毎日、スフェア細胞を培養し観察していた私は、細胞が増える気配すら感じたことがなかったので大変驚いた。「特殊な手技を使って作製しているから、僕がいなければなかなか再現がとれないよ。世界はなかなか追いついてこられないはず」と若山先生は笑顔で話していた。

    キメラ胚から作ったとすると、キメラが出来たと同時にSTAP幹細胞が出来たこともうなづける。「特殊な手技」とは4N(4倍体胚)キメラに関するものだろう。

    2つの2倍体胚(2N)を電気融合させると4倍体胚になる。4倍体胚由来の細胞は胎盤になるが胎仔にはならない。この性質を利用し、4倍体胚にES細胞を注入してキメラ胚を作ると、その胎仔は全てES細胞由来となる。ES細胞の代わりにSTAP細胞を注入するとSTAPキメラ胚となり、そのキメラ胚を仮親の子宮に移さず、そのまま胚盤胞の内部細胞塊を取り出して培養するとSTAP幹細胞になったということではないか。

    これを2Nキメラ胚で行うと内部細胞塊にはホストの細胞も混じってしまうので、後でソートしてSTAP幹細胞だけを取り出さなければならないが、STAP細胞にはGFP遺伝子を組み込んであるので、後で選別して取り出すことは可能だろう。このため、2Nキメラ胚ではSTAP細胞とホストの細胞を同時にES細胞化(共培養)するという話になる。事情を知らないものがこの作業をみれば、STAP幹細胞をES細胞を混ぜて作ったと思うかもしれない。

    木星通信氏が公開した小保方氏の保存リストのNo.41から51にSTAP幹細胞FLBという細胞株があり、ところどころの細胞株が4Nと書かれている。4Nは4Nキメラ胚で作られたもの、書いてないのが2Nキメラ胚で作られたSTAP幹細胞ではないだろうか。4Nでもソートをしているところをみると、4Nキメラでも100%STAP幹細胞にはならないのかも知れない。

    「途中から直接簡単に樹立できるようになり」とあるのはキメラ胚(in vivo(生体内))でなくてもSTAP細胞からin vitro (試験管内)で直接、STAP幹細胞を樹立できるようになったということだろう。同じく木星通信氏が公開した山梨大への移管書をみるとFLS-1はFLBと同じ2012年1月31日に作られている。FLBはF1 Lymphocyte(リンパ球) Blastocyst (胚盤胞)であるがFLS-1はF1 Lymphocyte Sphere(スフェア) で、「No. used STAP cell」欄は「Chimera embryos(キメラ胚)」ではなく「2 STAP/Well」で ある。FLSはSTAP細胞から直接、幹細胞化したSTAP幹細胞だったと思われる。


    関連記事
    スポンサーサイト
    2017.02.22 Wed l STAP細胞事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top

    コメント

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wamoga.blog.fc2.com/tb.php/139-6665c144
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。