上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top
    事件の解明には、多くのピースから事件の核となるピースを正しく選ぶ必要がある。それを間違えると真相にはたどり着けない。桂調査委員会は「酷似のES細胞がある」をピースの核にして間違えたのである。しかし、核になるピースを選ぶのは意外とやさしい。どうしてそのようなピースがあるのか考え込んでしまうようなピースが核になる。従って、探し出すより、そこからその理由(完成図)を考える方が難しい。完成図が出来たら全てのピースが埋まるかどうかを試していく。

    「STAP細胞事件」の場合はなんといっても、⑥のSTAP幹細胞FLSと酷似のES細胞「129/GFP ES」が小保方氏所有のボックスにあったというピースである。

    「129/GFP ES」は小保方氏の着任1年前に若山研から引き上げられ、当時の若山研にはなかったはずのES細胞である。それが何故か小保方氏所有のボックスから見つかっている。そして、それはSTAP幹細胞FLSと酷似のアクロシンGFPが入った非常に特殊なES細胞であり、調査委員会の調査では若山研のスタッフをはじめ、みんなが知らないと言ったES細胞であった。

    そこから描ける絵は「混入偽装」である。小保方氏がES細胞を使ってSTAP細胞を捏造したと言いたいために、小保方氏のボックスに置いたと考えられる。犯人は小保方氏のすぐそばにいて、STAP幹細胞を自分の目でみているはずである。だからES細胞による「混入偽装」を思いついたのである。

    これを前提にすれば、STAP細胞は実在していたことになる。論文とは違うSTAP関連細胞株やキメラは別のマウスから実際に作られていたことになる。すると、①若山、笹井、丹羽氏のSTAP細胞はあるとする発言や②ライブセルイメージング⑤若山氏が51%の特許の持ち分を主張したピースを埋めることができる。そして混入(すり替え)ピースが見つからない理由も明らかだ。

    ここで、⑥STAP関連細胞株と酷似のES細胞があるという桂調査委員会の調査結果はSTAP細胞が実在してもなんの矛盾もない。何故なら、調査委員会が混入した(すり替えられた)というES細胞が実はSTAP細胞そのものだったというだけだからである。

    また、このことは酷似のES細胞が犯人によって作られたことを意味している。酷似のES細胞とはSTAP幹細胞そのものである。出来たSTAP幹細胞にESというラベルを貼っただけである。見た目全く同じで、培養方法が同じときたら区別が付かない。これにより⑥STAP関連細胞株と酷似のES細胞があるという調査結果のピースも「混入偽装」の絵に埋め込むことができる。これで残りは③、④、⑦、⑧、⑨である。

    「混入偽装」であれば④の留学生が作った大量のES細胞が小保方研から見つかったことも容易に説明できる。これは小保方氏がES細胞を盗んでいたと世間に思わせるためである。

    また、③のオホホポエムも小保方氏に疑いを向ける仕掛けであることが分かる。④を暴露したのもオホホポエムであった。

    ⑨については、石川氏が自分の意志で告発したものだが、小保方氏がES細胞「129/GFP ES」を盗んでSTAP細胞をねつ造したとする内容は、まさに犯人が目論んだ「混入偽装」そのものであった。これは犯人にとって願ってもないことだったが、また、大きな誤算もあった。石川氏が告発の内容と経緯を週刊誌等で明らかにしたので、若山研スタッフの積極的な関与が明らかになったからである。犯人はさぞ慌てたことだろうと思う。

    最後に残った⑦と⑧であるが、3月に入って若山氏の態度が一変したのは、現存するSTAP幹細胞が違うマウスから作られていることが分かったからである。若山氏はSTAP細胞を何度も見ており、自分でも一から作っているので、その瞬間、マウスのコンタミだと思ったはずである。

    世間では、既に小保方バッシングが始まっていたから、今度はマウスのコンタミで、それが自分に向かうのを恐れ、論文撤回のため、STAP細胞の存在を否定しなければならなかったのである。若山氏が再現実験に参加しなかったのは、キメラを作るとマウスのコンタミが明らかになるので、キメラは作れない。再現実験に参加する意味がなかったからである。

    当初、あれだけマスコミに情報発信していた若山氏が現在、沈黙を続けているのは「混入偽装」とその犯人の存在に気付いたからだと思う。おそらく、論文撤回を言い出したころにはまだ、気づいてなかっただろう。若山氏が気づいたのはSTAP幹細胞FLSが若山研の岡部マウスから作られていると分かった後だろうと思う。

    以上、主だった9つのピースは全て「混入偽装」という絵の中に埋め込むことが出来る。

    関連記事
    スポンサーサイト
    2017.01.30 Mon l STAP細胞事件 l コメント (4) トラックバック (0) l top

    コメント

    Re: No title
    犯人はそのまま置いておけば、小保方氏は捨てないで保管するだろうと思っていたのですよ。
    この件については、いろいろ書きたいことがあるので、また改めて書きます。
    2017.02.23 Thu l wamoga. URL l 編集
    No title
    >「混入偽装」であれば④の留学生が作った大量のES細胞が小保方研から見つかったことも容易に説明できる。これは小保方氏がES細胞を盗んでいたと世間に思わせるためである。

    木星氏の取材によるとこうです。いい加減なことを書かないでください。
    『リ氏の試料は若山氏が引越終わって「週末には冷凍庫の電気を消すから必要なものはそれまでに運び出すように」と言われて小保方さんが慌てて見に行ったら冷凍庫の自分の棚にリ氏のボックスがあり、残された(要らないもの)と判断したが、自分には捨てる権限がないので居候先の笹井研へ運び、自分の研究室が出来た時にそこへ残す訳にも行かず、そのまま運び込んだ』(http://blogs.yahoo.co.jp/nx3262p0yz057j/14598133.html
    2017.02.23 Thu l .. URL l 編集
    No title
    若山氏が石川氏の告発をやめさせるなんて
    かなり不自然です

    うちの研究室に犯人がいるって
    石川氏に知らせるようなものですから
    2017.01.31 Tue l . URL l 編集
    No title
    >当初、あれだけマスコミに情報発信していた若山氏が現在、沈黙を続けているのは「混入偽装」とその犯人の存在に気付いたからだと思う。おそらく、論文撤回を言い出したころにはまだ、気づいてなかっただろう。若山氏が気づいたのはSTAP幹細胞FLSが若山研の岡部マウスから作られていると分かった後だろうと思う。

    若山先生が『「混入偽装」とその犯人の存在に気付いた』のなら、少なくともその犯人は若山研の関係者ではないでしょうね。
    もし、若山研関係者を犯人だと思ったなら、石川氏の告発をやめさせるはずです。
    せっかく調査委員会がES混入者の特定をしなかったんだから、わざわざ警察の手で犯人を明らかにするような危険な真似をするとは思えません。
    2017.01.30 Mon l 彩果. URL l 編集

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wamoga.blog.fc2.com/tb.php/136-704a2925
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。