上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top
    FI幹細胞で共培養していたなら、STAP幹細胞も共培養していてたのではないかと考えることができる。

    公開された保全リストをみるとNo41~51の「FLB」の細胞株には「FLB-3 Sort」というように「Sort」という文字が全ての細胞株に書かれている。

    「FLB」というのは調査委員会が解析していない細胞株であるが、山梨大へのMTA(移管書)からSTAP幹細胞であることが分かっている。

    保全リストをみたとき、「Sort」の意味はFACSによるソート(選別)の意味だろうと思っていたが、STAP幹細胞に何故、「Sort」が必要か分からなかった。

    それに「FLB」の「B」もである。この「B」はBlastcyst(胚盤胞)の「B」である。「F」は129B6F1の「F」、「L」はLymphocyte(リンパ球)の「L」である。

    STAP細胞は生まれた仔マウスの脾臓を取り出して作っている。「F」と「L」はその意味を指しているが、そこに胚盤胞が出てくるのが不思議だった。

    しかし、「FLB」が胚盤胞の内部細胞塊を取り出し、STAP細胞と共培養して作ったSTAP幹細胞であったなら、「B」であり、「Sort」の文字が書かれているのは納得できる。

    「STAP細胞+内部細胞塊」→(ACTH+LIFで培養?)→STAP幹細胞+ES細胞」である。

    この「FLB」は2012年1月31日とFLSと同じ日に作成されている。そうだとすると、かなり早い段階から共培養して作られていたことになる。

    STAP幹細胞がSTAP細胞とES細胞で共培養されているなら、それはとりもなおさず、STAP細胞の存在を認めていたことになる。ES細胞をSTAP細胞だと騙して渡していたなんてことはもはやあり得ないのである。



    関連記事
    スポンサーサイト
    2016.09.17 Sat l STAP細胞事件 l コメント (10) トラックバック (0) l top

    コメント

    承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    2016.10.20 Thu l . l 編集
    No title
    理研と若山氏の間で締結された平成26年4月1日付研究成果有体物移転契約書 に記載された129B6F1-GFP遺伝子の「TS細胞Callus-TS-1」の樹立
    日は調査報告書のCall TS-1の樹立日と同じ2012年5月25日 。有体物移転契約書には同じく2012年5月25日作製のコントロールTS細胞も記載されています。
    2016.10.07 Fri l L.L.. URL l 編集
    No title
    ES細胞をいったんTS細胞へ誘導していればFgf4へつけても死滅せずに再
    びES細胞の性質をもちキメラ形成能力を持つという丹羽さんの論文は、若山さんも共著者になっています。
    キメラ担当だったのでしょう。
    http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1097276513006722



    2016.10.02 Sun l L.L.. URL l 編集
    No title
    共培養、面白いですね。
    しかし大田細胞が置かれていた理由。
    他のブログを読んでいて、気になる論文を見つけました。
    和モガさんは若山夫人の論文を書かれていましたが、それではなく、2009年 Cell 137 (3) 571-584
    大日向、大田、若山、斎藤氏らの論文。
    岡部マウスが使われているのでは?
    STAP幹細胞はこの細胞を使って作られた、だから、所謂足のつかない2005年の大田細胞を置いた。
    丹羽氏によるとTS細胞とES細胞はFgf4とLIFでそれぞれ制御されているけれど、ES細胞を一旦TS細胞へ誘導していればfgf4につけても死滅せず又ES細胞の性質を持ち、キメラ形成能も有すると。
    2016.10.02 Sun l L.L.. URL l 編集
    ああ、やっぱり。
    私も、「ヒントを出してもES混入で捏造したとしか思わないだろうと高をくくっていた」んだろうなと思いました。
    いわゆる高転びという奴ですね。犯人が調子に乗って、思わず口を滑らせてしまった。
    これで遠藤解析や桂調査委員会の結論の裏の仕掛けが判明したと思います。
    結局、【「STAP細胞+内部細胞塊」→(ACTH+LIFで培養?)→STAP幹細胞+ES細胞」】図式と、【「STAP細胞+栄養膜細胞(TS細胞)」→(FGF4培養)→「FI幹細胞+TS細胞」】図式に尽きますね。
    2016.09.22 Thu l 南青山. URL l 編集
    No title
    先ほどのオホホポエムは中村さんのコメントを見て気づきました。
    今までこのポエムはES細胞の混入を示唆したものだと思っていましたが、共培養の方が余程、しっくり来ます。情報の質、量ともに圧倒的な立場にいる犯人ですから、優越感でヒントを出すことはあると思います。ヒントを出してもES混入で捏造したとしか思わないだろうと高をくくっていたのだと思いますが。

    中村さんのおっしゃる通り、小保方氏は「あの日」で毎日培養をしても、増える気配すら感じなかったと書いていますので、共培養については全く知らなかったと思います。おそらく、かん口令が敷かれていたのではと思います。キメラが出来たと同時にSTAP幹細胞も出来ていますが、STAP細胞を塊で入れたら出来たというのも寺下さんの発想に通じるものがあります。この発想がブレイクスルーを引き起こしたということになります。

    STAP細胞は従来のES培地(LIF + FBSまたは2i)では、ほとんど7日以内に死滅すると書かれています。STAP細胞の特殊な培地は丹羽氏が開発したACTH(副腎⽪質刺激ホルモン)でした。しかし、一旦、STAP幹細胞になると同じES培地で培養できるので、ご指摘の英文はそのことを指していると思います。
    ただ、韓国特許では分化した細胞をES培地(DMEM / F-12)とともにエネルギーを加えてPhysics細胞を作ったとしていますので、ES培地の種類によっては死滅しないのだろうと思います。
    2016.09.22 Thu l wamoga. URL l 編集
    No title
    このオホホポエムは、STAP細胞騒動もFI幹細胞も共培養法で作成したということの暴露?でもオホホポエムがなぜそのようなことをしたのでしょうか?
    2016.09.22 Thu l 南青山. URL l 編集
    No title
    共培養についてはオホホポエムで語られていますよ。

    318 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2014/02/15(土) 16:19:20.50
    オホホ細胞は増殖しないからあげられないの、じゃ先生が許してくれなかったから
    ステム化することにしたの。ESを同じプレートで培養中だったんだけどいい子の
    スッポンに餌をあげる時間になって・・・。ごめんね。
    fgfトロホブラストはやっぱり同じプレートで培養中にムーミンとスナフキン
    が手をつないであるきだしたから・・・。
    ごめんね。
    2016.09.22 Thu l wamoga. URL l 編集
    『あの日』と共培養らしき記述とアーティクル
    共培養に対応する『あの日』の記事は次だと思われます。
    <>は私が追加。
    --------------------
    若山先生は私に依頼した解析結果を待つことなく、ご自身の発見から着想を得たようで、2012年4月ころには、<TS細胞>(…)と呼ばれる、胎盤形成能力のある幹細胞株を樹立する<培地>でスフェアを培養すれば、<TS細胞>様の幹細胞株も樹立できるのではないかと、すでに実験を開始されていたようだった。
    ・・・・・
    また、若山先生はご自身で予想されていた通りに、<TS細胞>様の<培地>ですフェア細胞を培養すると<TS細胞>様に増殖することを見出され、のちに「FI幹細胞」と名づけられる幹細胞株を樹立した。6月頃には若山先生が<FI幹細胞>からキメラマウス作成実験を行ったところ、<FI幹細胞>は<胎児>も<胎盤>も形成したと報告を受けていた。こうして、若山先生は<STAP細胞>から、<ES細胞様の幹細胞>株と、キメラマウスを作成した時に<STAP細胞と同様に胎児と胎盤を形成することができる性質をもったFI幹細胞>株の2種類の幹細胞株の樹立に成功された。

    ネイチャー論文にどう記述されているのかさっぱりわからないのですが、培地に関してアーティクル末尾に加えられた幹細胞に関する節で次のような短い文を見ることができました。
    The clonal colonies were cultured in ES medium containing 20% FBS, and expanded for subsequent experiments
    ES細胞の培地の使用はハーバード大時代から行われていると書かれているので、違うとも思いますが。
    『あの日』から、共培養は若山氏が寺下氏のアイディアを応用し独立して行い、小保方氏は詳細は知らなかったことになると思われます。
    よろしくご検討ください。
    2016.09.20 Tue l 中村公政. URL l 編集
    若山さんは笹井さんが投入されて、あんなに大々的に論文がアピールされるとは、思っていなかったでしょう。
    スタップ細胞の研究費も若山さんの裁量で使えた。
    スタップ関係として、他の論文にも。
    2016.09.18 Sun l L.L.. URL l 編集

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wamoga.blog.fc2.com/tb.php/130-8dfa3e4f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。