上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top
    小保方氏が持っていた全試料が明らかになったので、「ES細胞の混入偽装」について、矛盾がないか改めて確認した。

    「ES細胞の混入偽装」とは、STAP細胞やSTAP幹細胞は実在するが、STAP細胞をES細胞を混入させて捏造したかのように偽装し、その成果を葬り去ったというものである。つまり、「STAP細胞はあります」だ。

    この偽装工作は2つの業務妨害からなる。ひとつは、STAP細胞作製時の実験業務妨害、もう一つは調査委員会が行う解析業務妨害である。ここで、実験業務妨害については既に時効となっている。

    この「混入偽装」は、次のように行われた。

    ①STAP細胞を作らせ、その後、出来たSTAP幹細胞で既存のES細胞をすり替える。
     →STAP細胞GLSが出来たとき、、既存のES細胞BOF-ESをそのGLSとすり替える。

    ②既存のES細胞がないときは、手持ちのES細胞と同じになるよう若山研のマウスをすり替えてSTAP細胞を作らせ、その後、出来たSTAP幹細胞でES細胞をすり替える。
     →129B6F1のES細胞がなかったときに作ったSTAP幹細胞FLSや129ホモのES細胞がなかったときに作ったAC129がこれにあたる。FLS3でFES1をすり替え、AC129-1で129B6F1ES1がすり替えられた。

    STAP幹細胞は電子顕微鏡で見てもES細胞とそっくりで、その特徴や培養方法が同じでありES細胞とは区別が付かない。ラベルにES細胞と書けば、STAP幹細胞はES細胞となる。

    後は、調査委員会がSTAP細胞はES細胞の混入であるという結論を勝手に出してくれる。

    「この2つのES細胞とSTAP幹細胞は染色体の欠失等、ゲノムの特徴は極めて一致しており、これらの特徴を偶然に共有する確率は極めて低い。従って、このSTAP幹細胞はES細胞に由来すると結論づけた。」

    当初はFES1,2以外は全て小保方研にあると考えていたが、そうでもなかった。偽装工作は、当初、考えていたよりもシンプルなものだった。

    まず、調査委員会が調査した細胞株であるが、下の表になる。調査委員会は当然、小保方研の細胞株を調査するだろうから、黄色になっているのが調査したと思われる細胞株だ。

    調査された細胞

    さて、ここで「混入偽装」があったとすると以下のようになる。黄色のところが業務妨害である。

    2つの業務妨害

    難しいトリックはない。マウスをすり替え、仔が生まれたら小保方氏に渡す。STAP細胞ができ、そこからSTAP幹細胞が作られたら、ES細胞と置き換えるだけである。129/GFP ESを小保方氏のボックスに置き、BOF-ESはすり替えておいて、山梨大では調査委員会から要請のあった細胞に、別の細胞株を依頼のあった細胞のラベルを貼って送るだけである。

    そして、この黄色のの赤枠で囲んだところに業務妨害の痕跡が残っている。それを今まで指摘してきた。(青色の○数字をクリックすると内容が分かる)

    「混入偽装」の観点から見て矛盾するのは、AC129に混入したとされるES細胞129B6F1ES1が小保方研になかったことだ。「混入偽装」なら、小保方氏に先に渡した129B6F1ES6が捏造に使われたES細胞となるはずだが、それがそうなっていない。もっとも、これは小保方氏にとっては無実の有力な証拠のひとつになるのだが。

    これは、おそらく次のような理由だと思う。

    実験業務妨害は今回の騒動を引き起こした2013年版STAP論文に対するものではない。笹井氏がまだ関わっていない2012年版STAP論文に対するものだ。犯人はこの論文を棄損しようとしたのである。

    この2012年版STAP論文は、2012年4月にネイチャー誌に投稿し拒絶され、6月にセル誌に投稿し同じく拒絶、7月にサイエンス誌に投稿し8月21日に不採用になっている。AC129が樹立されたのはその一週間程前である。おそらく、三大誌が拒絶したので、その時点で129B6F1ES6をすり替える必要性を感じなくなったからだと思われる。

    関連記事
    スポンサーサイト
    2016.08.18 Thu l STAP細胞事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top

    コメント

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wamoga.blog.fc2.com/tb.php/123-3a8ee0c2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。