上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top
    「小保方氏が若山夫人のES細胞129/GFP ESを盗んでSTAP細胞を捏造した」と石川氏が告発したのは何故だろう。告発状の提出は2015年1月26日で、このとき、既に桂調査委員会の報告は終わっている。石川氏は調査報告書を読み、129/GFP ESは作者不詳のES細胞であることを知っていたはずだ。

    小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」には2015年3月1日の石川氏のFacebookが紹介され、そこには次のように書かれている。

    ①2015年1月18日に山梨大を訪問した。
    ②甲府駅で若山氏が出迎えてくれたが、若山氏とは初対面だった。
    ③若山氏は精神的に酷くまいっているようで、彼とは5分くらいしか話せなかった。
    ④代わりに若山研のスタッフから詳細な説明を受け、膨大な証拠を手に入れた。
    ⑤自宅に戻ってすぐ、告発状の文章を改訂し、司法書士と相談しながら最終版を仕上げた。

    告発状には若山夫人のES細胞が盗まれたと書いているから、この話を持ち出したのは若山夫人本人であろう。しかし、夫人は石川氏に129/GFP ESを自分が作ったとは言っていないはずである。それでも、石川氏を納得させ、告発に踏み切らせたとすれば、

    ①129/GFP ESに心当たりはなかった。
    ②調査委員会の報告書により、129/GFP ESがFES1と酷似であることを知った。
    ③FES1には心当たりがあった。同じ「X」というES細胞を持っていた。
    ④129/GFP ESがアクロシン入りの特殊なES細胞なら、それは「X」だろうと思う。
    ⑤小保方氏が盗んで、ラベルを129/GFP ESに書き換えたのかもしれない。
    ⑥2014年8月25日のSTAP関連細胞以外のMTA(移管書)を作成したときには気が付かなかったが、改めて確認し、「X」を紛失していることに気付いた。

    おそらく、このような言い回しだったのではないだろうか。

    若山研スタッフは石川氏と面談した際、リ・チョン氏のES細胞の盗難について、それは要らない細胞で処分予定のものだったと本当の事を言うべきであった。現に、捜査当局に若山研がそう答えたから、神戸地検が「事件の発生自体が疑わしい」と結論したはずである。石川氏にその事実を告げず、さらに若山夫人のES細胞が盗まれた話まで持ち出している(これも地検に否定されたが)。若山研スタッフは嘘をついてまで、石川氏に告発させようとしたのである。

    「小保方~地獄の底はまだまだ深いぜwww 」。これは、2014年6月18日に投稿されたオホホポエムの最後の一行であるが、この若山研スタッフの行為は、このような感覚に近い。仮に、小保方氏のおかげで研究不正の片棒を担がされてしまった恨みだとしても、実質的な被害を免れた若山研で、とてもここまではいかないはずである。

    私はこの「STAP細胞事件」は、STAP細胞を発見した小保方氏に捏造の罪を着せるため、数々の偽装工作を行った事件だと思っている。それには、小保方氏に敵意をもつ第三者が必要であるが、図らずもこの告発騒ぎで、そのことは証明されたと思っている。

    告発は虚偽の情報によってなされたものである。それが分かった以上、虚偽の内容とはどのようなものであったのかを石川氏は明らかにする義務があると思う。

    関連記事
    スポンサーサイト
    2016.06.14 Tue l STAP細胞事件 l コメント (15) トラックバック (0) l top

    コメント

    Avija
    若山清香氏が作成した遺伝子解析した後、FTS、FLSのタイポミスと思う、紛失したということはこのFLSのラベルと129/GFP ESのラベルが取り替えられた可能性があるのでは。清香氏の作成したES細胞のラベルが129/GFP ESであったのでは。サンプルリストのコメントを見ると小保方氏のコメントで「4番
    、4番ばかり使っていた、(4番は感じ悪いので自分で使用)」と明らかに小保方氏はFLSをFLS4、STAP幹細胞として使っていた形跡がある。
    129/GFP ESがFLSから2014年の5月に作られるというのは考え難い、捏造犯は2014年の5月以前にES細胞捏造のストーリーを計画していたということになるが?
    このリストが作られた5月には129/GFP ES とFLSは本物で調査結果の始まる2014年の12月近くにラベルがすりかえられたのでは
    2016.07.01 Fri l Souichi Tsujimoto. URL l 編集
    No title
    >それは単に、チューブを置いた人間が大田ES細胞の正式名称を知らなかったからですよ。

    私は、「なぜ書き換える必要があったのか?」と申し上げているんですけど。

    大田先生が若山研にいらしたときに在籍していた研究員なら、細胞の正式名称を知っていたと思うので、「129/GFP ES」とは書かないかもしれないですね。
    2016.06.19 Sun l . URL l 編集
    Re: No title
    > 大田先生はチューブのラベルに「129B6F1 GFP FES-1」と書いていたということです。
    > それが「129/GFP ES」に書き換えられていた。
    > それは何故でしょうか?小保方さんを陥れるためにチューブを彼女のBOXに入れるなら、わざわざ書き換える必要はないのでは?

    それは単に、チューブを置いた人間が大田ES細胞の正式名称を知らなかったからですよ。
    2016.06.18 Sat l wamoga. URL l 編集
    No title
    >STAP幹細胞とES細胞は区別がつきません。129/GFP ESがES細胞だというのは「ES」と書いているからです。このため、犯人は「ES」と書く必要があった。「FLS」のようなSTAP幹細胞の名前には出来ないです。それが「ES」であるという証拠がなくなりますから。

    大田先生はチューブのラベルに「129B6F1 GFP FES-1」と書いていたということです。
    それが「129/GFP ES」に書き換えられていた。
    それは何故でしょうか?小保方さんを陥れるためにチューブを彼女のBOXに入れるなら、わざわざ書き換える必要はないのでは?
    2016.06.18 Sat l . URL l 編集
    No title
    STAP幹細胞を表すFTSと書かれた容器の中身。STAP幹細胞とESが区別できるかできないか私にはわかりませんが

    区別できた場合
    清香夫人の言い分は通り、結局和モガ氏の結論にたどり着く

    区別できない場合
    STAP幹細胞は小保方さんには無理で若山氏が作っていたのだから分株だとしても、清香夫人の言ってる事は「若山氏の作ったSTAP幹細胞はは私の作ったESです」ととんでもない事を言ってる事になる。
    また、区別できないのに偽装していると、理研or石川さんどちらかが嘘を言って告発した事になる。区別できるかどうかは若山研の人こそよく知っている事だろうから、清香夫人もこの嘘に知っていながら乗った事になる。

    =けっこうとんでもない事になってしまうのだが
    2016.06.18 Sat l あ. URL l 編集
    Re: No title
    > いずれにしても「129/GFP ES」は「ES」とラベルに書かれていた以上、「偽装」されたものではないということです。

    STAP幹細胞とES細胞は区別がつきません。129/GFP ESがES細胞だというのは「ES」と書いているからです。このため、犯人は「ES」と書く必要があった。「FLS」のようなSTAP幹細胞の名前には出来ないです。それが「ES」であるという証拠がなくなりますから。
    2016.06.17 Fri l wamoga. URL l 編集
    No title
    いずれにしても「129/GFP ES」は「ES」とラベルに書かれていた以上、「偽装」されたものではないということです。

    つまり、129/GFP ESは若山夫人が作成し、盗まれたものではないと言えると思います。
    2016.06.17 Fri l . URL l 編集
    No title
    >フライデーには「小保方さんは若山研究室から盗んだES細胞の一部をBOX-2に入れ、自分が作ったSTAP幹細胞であるかのように偽装していたのでしょう。」と書いてありました。

    偽装してたのがわかったのだから当然解析して偽装を見つけている。この場合
    1.理研が解析して、偽装されたESだと判断した場合
    理研の発表から、和モガ氏の結論にたどり着く

    2.他の第三者が解析し偽装されたESだと判断した場合
    証拠保全もされていなく小保方さんの冷蔵庫に残された細胞の証拠能力は無い
    2016.06.16 Thu l あ. URL l 編集
    No title
    >「FLS」は解析されていませんよ。解析されたのはFLS1~8です。

    解析されたのは公表されたものだけでしょうか?
    チューブに「FLS」と書かれたものを、調査委員会が何もしなかったとは思えません。

    それと、石川氏は「小保方氏が若山夫人のES細胞129/GFP ESを盗んでSTAP細胞を捏造した」と告発したなんてどこにも書いてないし、報道もされていないと思います。
    フライデーの記事を信用できないと言いながら、和モガさんの(1)の記事は、明らかにフライデーの記事を根拠にしていますよね。
    理解に苦しみます。
    2016.06.15 Wed l . URL l 編集
    Re: No title

    > おそらく「FLS」の書き間違えですね。

    「FLS」は解析されていませんよ。解析されたのはFLS1~8です。
    2016.06.15 Wed l wamoga. URL l 編集
    No title
    >①BOX-2に「FTS」なるものはない。

    おそらく「FLS」の書き間違えですね。

    >②「FTS」が書き間違いだとしても、解析もされていない細胞で、しかも、ラベルは張り替えられているのに、どうしてそれが若山研由来のES細胞だと分かるのか。

    小保方研に残されていた試料は解析されたのではないんですか?
    そして、その中に若山夫人が作成したES細胞と一致するものがあり、若山夫人は無くなっていたことに初めて気づいたのかもしれません。

    >調査委は、小保方氏や若山照彦山梨大教授の研究室に残っていたSTAP細胞由来の幹細胞のゲノム(全遺伝情報)を解析し、研究室に保管されていたES細胞と比較した。
    http://www.sankei.com/life/news/141226/lif1412260021-n1.html
    2016.06.15 Wed l . URL l 編集
    Re: No title
    > フライデーには「小保方さんは若山研究室から盗んだES細胞の一部をBOX-2に入れ、自分が作ったSTAP幹細胞であるかのように偽装していたのでしょう。」と書いてありました。

    その記事ならおかしなところが2つあり、信頼性は0です。
    ①BOX-2に「FTS」なるものはない。
    ②「FTS」が書き間違いだとしても、解析もされていない細胞で、しかも、ラベルは張り替えられているのに、どうしてそれが若山研由来のES細胞だと分かるのか。



    2016.06.14 Tue l wamoga. URL l 編集
    No title
    おっしゃることはわかります。

    でも、繰り返しになりますが、
    「小保方さんは若山研究室から盗んだES細胞の一部をBOX-2に入れ、自分が作ったSTAP幹細胞であるかのように偽装していたのでしょう。」
    この言葉がフライデーに書かれている以上、少なくともフライデーが読者に伝えたい「若山夫人が作成した」ES細胞は「129/GFP ES」ではないということです。

    因みに、DORAさんの記事に同様の趣旨を書き込んだら、速攻削除されました。
    ありえません。
    2016.06.14 Tue l . URL l 編集
    No title
    (1)から順番に読んでいただければ何故、そう書いたのか分かると思います。
    また、こういう情報もあります。
    http://blogs.yahoo.co.jp/nx3262p0yz057j/14548752.html
    2016.06.14 Tue l wamoga. URL l 編集
    No title
    >「小保方氏が若山夫人のES細胞129/GFP ESを盗んでSTAP細胞を捏造した」と石川氏が告発したのは何故だろう。

    石川氏はこのようなことは言われていないと思います。
    フライデーには「小保方さんは若山研究室から盗んだES細胞の一部をBOX-2に入れ、自分が作ったSTAP幹細胞であるかのように偽装していたのでしょう。」と書いてありました。
    「129/GFP ES」では「STAP幹細胞であるかのように偽装」にはなりません。
    少なくとも、小保方さんが盗んだ細胞は「129/GFP ES」と書かれたチューブではないということが言えます。
    中身が何であるかは別として。
    2016.06.14 Tue l . URL l 編集

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://wamoga.blog.fc2.com/tb.php/117-b1ba76e2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。