FC2ブログ
    調査方法の問題点

    桂調査委員会はSTAP細胞に関する研究論文の疑義を調査するために設けられた委員会である。

    研究論文はArticleとLetterの2つの論文からなり、①体細胞を酸浴させると体細胞が初期化され、増殖しないが万能性をもったSTAP細胞ができたこと②そのSTAP細胞はある条件下で培養すると増殖性を持ったES細胞のようなSTAP幹細胞になること③また、STAP細胞から胎児、胎盤両方に寄与する新しいタイプの幹細胞(FI幹細胞)もできたことが書かれている。つまり、STAP論文は新しい特性をもった細胞、幹細胞について書かれているのである。

    STAP細胞は増殖力がなく、時間が経つと死滅するので小保方研には残っていない。しかし、STAP幹細胞とFI幹細胞は残っており、調査委員会はこれらの細胞株について調べている。

    ところが、面白いことにこれら細胞株の特性を調べた遺伝子発現解析の結果が報告書には全く書かれていない。書かれているのは全ゲノム解析の結果で、塩基配列の並びがどうなっていたかということだけである。例えて言うと、どんな性格の人間か調べなければならないのに、身長、体重を測ってよしとしたようなものである。

    そのような調べ方しかしていない「STAP関連細胞はES細胞由来」という結論は果たして信用できるのかということである。

    思考実験

    受精卵は胚盤胞期に内部細胞塊 と栄養外胚葉へと分離する。内部細胞塊からES細胞が、栄養外胚葉からはTS細胞が樹立できる。そこで、同じ受精卵からES細胞とTS細胞をつくり、ES細胞株に「ES-1」とラベルする。そして、TS細胞株には「X」とラベルする。

    これらを桂調査委員会が調査すれば、同じ受精卵から作られているので、全ゲノム解析で2つの細胞株が一致する。従って、調査委員会は「『X』はES細胞『ES-1』由来である」と結論づける。もちろん、「X」はES細胞由来ではない。

    今度はラベルを逆に貼って、TS細胞を「ES-1」、ES細胞を「X」とする。この場合にも、調査委員会は「『X』(実はES細胞)はES細胞『ES-1』(実はTS細胞)由来である」と結論する。ラベルにESと書かれているのはES細胞だと調査委員会が思っているからだ。

    遺伝子発現解析をすればES細胞かTS細胞か分かるので、このような結論には達しない。遺伝子発現解析をやらず、全ゲノム解析だけの解析が如何に問題があるか分かるというものである。

    何故、遺伝子発現解析をしていないのか

    では、何故、調査委員会は遺伝子発現解析をやらなかったのであろうか。これについては解析はしたが結果を載せていないだけだと思われる。

    委員会がSTAP論文の研究不正調査のために設置されている以上、Letter論文の目玉であるFI幹細胞CTSを調べていないわけがない。調べるためには遺伝子発現解析は必須であり、FI幹細胞CTSの遺伝子発現解析は行われているはずである。

    その結果、ES細胞であったなら、調査委員会はその遺伝子発現解析の結果を喜んで公表しているだろう。調査委員会はそれで、STAP関連細胞はES細胞由来だったことを証明できるからである。

    それがないのは公共データベースのChip-seqデータと同様にES細胞特異遺伝子とTS細胞特異遺伝子が共に発現していたからだと思われる。また、それはTruseqデータのようにES細胞とTS細胞2つの細胞株が混じったものでもなかったのだろう。つまり、調べるとFI幹細胞CTSは混じりっけなしの細胞株で論文通りの遺伝子発現パターンだったと考えられるのである。

    調査委員会は、この結果に大いに困惑したことだろう。FI幹細胞CTSがES細胞FES1と同じゲノム構造を持ちながら、遺伝子発現パターンはES細胞とは異なっているからである。

    ある方向から光を当てるとその影は「C」になり、別の角度から光を当てると「E」になる。そのような物体の形は果たしてどのようなものか、調査委員会はその答えを見つけられなかったのである。このため、遺伝子発現解析の結果を封印し、全ゲノム解析の結果だけで、世間が予想していた結論を発表したのだろうと思う。

    全ゲノム解析ではES細胞の混入にみえ、遺伝子発現解析ではSTAP関連細胞が実在するようにみえるのは、STAP細胞が実在するにも関わらず、STAP細胞をES細胞の混入で作ったかのように偽装した真犯人がいたからである。

    CE.png
                                    20世紀FOX

    スポンサーサイト



    2018.04.10 Tue l STAP細胞事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top