「STAP細胞事件」で、マウスの種類と異なるSTAP関連細胞になった理由として考えられるものは2つしかない。①ES細胞の混入か②マウスの取り違いどちらかである。調査委員会は①だと言っているのだが、②のマウスの取り違いが起こったことを示す確かな証拠がある。それは調査報告書のP29に次のように書かれている。

    (調査結果)
    STAP幹細胞FLSから作製した4Nキメラを戻し交配して得た子にGFPを含まないマウスが含まれていた。このことは、STAPFLS幹細胞FLSを作成したマウスは129(CAG-GFPホモ)とB6(CAG-GFPホモ)を交配したF1であるとの、若山氏の認識と矛盾する結果だが、若山氏と小保方氏はこの矛盾について、それ以上の追求をしなかった。


    ここで書かれている若山氏が意図した実験は、ジャームライントランスミッションと呼ばれるもので、STAP幹細胞が生殖細胞まで寄与して、その遺伝情報が次世代へ伝承されるかどうかを調べるものであったと思われる。具体的には以下のような手順になる。

    ①129(CAG-GFPホモ)メスマウスAとB6(CAG-GFPホモ)オスマウスBを交配させる
    ②生まれてきた129B6F1(CAG-GFPホモ)仔マウスC(オスを選択)からSTAP細胞を作る
    ③STAP細胞からSTAP幹細胞FLSを作る
    ④4倍体にした胚盤胞にFLSをインジェクションして、4NキメラD(②の遺伝情報をそのまま引き継ぎ、オスマウスとなる)を作る。
    ⑤4NキメラD(オス)と元の129(CAG-GFPホモ)メスマウスAとを交配させ仔マウスEを作る
    以上の結果、仔マウスEは全てCAG-GFPを持つことになる。

    このとき、CAG-GFPを持たない仔マウスが出来たことから、若山氏の認識と矛盾した結果となったと調査委員会は書いているのである。ここで、ES細胞の混入があったら、どういう結果になるであろうか。

    調査委員会はFLSはFES1由来といっており、FLSはAcr/CAG(ヘテロ)のES細胞である。そこで①はそのままで、②、③のいずれかのタイミングでES細胞FES1が混入した後、以下のようになっていくことになる。

    ④FLSをインジェクションして出来た4NキメラD’は129B6F1(Acr/CAG-GFPヘテロ)オスマウスとなる
    ⑤4NキメラD’(オス)と元の129(CAG-GFPホモ)メスマウスAと交配させ仔マウスE’を作る。
    その結果、仔マウスE’は全てCAG-GFPを持つことになる。

    いずれにしても、GFPを持たない仔マウスは生まれて来ないのである。つまり、この矛盾は調査委員会がいうES細胞の混入だけでは説明がつかないのである。

    告白本「あの日」では生まれて来た仔マウスの半数はGFPの発現がなかったと書かれている。そのため、129(CAG-GFPホモ)メスマウスはCAG-GFPを持たないマウスであったと思われるが、いずれにしても、メスマウスAは129(CAG-GFPホモ)メスマウスではなかったことは確実で、そのときマウスの取り違いも起こっていたことになる。

    FES1とは小保方氏の着任1年前に京大に引き上げられているはずのES細胞で、調査委員会の結論ではFLSにそのES細胞の混入があった上に、さらにマウスの取り違いまで起こっていたことになる。そのような性質の違うミスが重なり合う可能性は限りなく低い。マウスの取り違いでB6(CAG-GFPホモ)オスマウスが岡部B6マウス(Acr/CAG-GFPホモ)オスマウスだったとみるのが一番、無理がない。

    ここでオス、メス両方のマウスが違うのであるから、この取り違えは意図的なもので、マウスをすり替えた者がいるということになる。そして、このことは論文とは違うマウスからSTAP細胞は実際に作られていたことを意味するのである。

    調査委員会は若山氏、小保方氏について、GFPなしのマウスが含まれていた矛盾について、それ以上の追及をしなかったと書いているが、これは、そっくりそのまま、調査委員会にも当てはまる。ES細胞の混入でも、この矛盾は説明できないのであるから、それをさらに追及すべきであった。もし、追及していれば、ES混入などという結論にはならなかった可能性があるのである。


    スポンサーサイト
    2016.03.13 Sun l STAP細胞事件 l コメント (9) トラックバック (0) l top