上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top
    「STAP細胞事件」については、既に、私の中では「解決済み」という札が掛っている。細かなところに間違いはあっても、「STAP細胞は存在した。第三者によって、小保方氏がES細胞で捏造したように偽装された事件」という根幹の部分に間違いはないはずだ。後はブログで書き漏らした、

    ①消えた「光る胎盤」
    ②テラトーマの分析でアクロシン入り組織とホストマウスの組織が検出された理由
    ③FLSが出来るマウスが当時の若山研に存在していたこと
    ④STAP幹細胞はES細胞に置き換わること

    の4つのテーマを書いて、終わりにしようと思っていた。

    今回、思いがけず、小保方氏の告白本「あの日」が出版され、新たな事実が明らかになった。それをこの「混入偽装」の観点から、改めて精査してみた。仮説が正しいと、後から明らかになる事実は仮説に寄り添うように出てくる。逆に、間違っているとあざ笑うかのようにそっぽを向いて出てくる。これで、自分の仮説があっているかどうかが分かる。告白本「あの日」に書かれた事実は、まさに「混入偽装」説に寄り添う形で出ている。

    本の中で、小保方氏は若山氏に対して疑惑を向けているが、これは無理もないことである。STAP細胞が調査委員会でES細胞の混入によると結論付けられたが、自分はそんなことはしていない。引き算すれば若山氏が捏造しているという結論にしかならない。しかし、それは前提が間違っているから、間違った結論になっているだけである。STAP細胞はあり、STAP幹細胞、FI幹細胞、キメラ、テラトーマもあったが正しい。その証拠が「あの日」のあちこちに書かれている。ここでスフェアというのはSTAP細胞のことである。

    「実際に独立して再現実験に成功した当時の学生さんは、幹細胞株化された細胞からクローンマウスを作製するという若山先生に割り振られた研究テーマをもとに私とは別の論文の執筆を開始していた。」

    「また、若山先生はご自分で予想されていた通りに、TS細胞用の培地でスフェア細胞を培養するとTS細胞様に増殖することを見出され、後に「FI幹細胞」と名付けられる幹細胞株を樹立した。6月頃には若山先生がFI幹細胞からキメラマウス作製実験を行ったところ、FI幹細胞は胎児も胎盤も形成したと報告を受けていた。」

    「2012年8月になると、若山先生は幹細胞株化の特許申請の手続きを開始された。若山先生はのちに『STAP幹細胞』と名前がつけられる、増殖性の低いスフェアから増殖するように変化させた幹細胞株化の仕事は若山研の研究成果でありアメリカの研究室にはなんら権利はないと主張していた。実際に、若山先生は、若山先生自身に51%、私に39%、バカンティ先生と小島先生に5%ずつの特許配分を理研の特許部門に提案した。」

    「当時の理研の特許部門の担当者に若山先生から送られたメールの中には、『若山研のラボのメンバーはスフェアの作製も細胞株化もまあまあできる』『いつでも再現できる』『ips細胞よりすごいものを作った』などと記されていた。」


    この本には残念ながら、留学生が作製したES細胞の箱が小保方氏のフリーザーにあった経緯については書かれていない。おそらく小保方氏は疑惑を晴らすために、その経緯も書いていたはずだ。しかし、石川氏の告発により、現在、捜査中の案件なので編集の段階で削られてしまったのではないだろうか。

    とにかく、若山氏は犯人ではない。揺り戻しで、若山氏に疑惑が向かうのは間違っている。疑惑を向けるべきは「STAP細胞はES細胞の混入である」とした調査委員会の結論の方である。

    スポンサーサイト
    2016.01.31 Sun l STAP細胞事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    結論から言うと「不受理」です。以下、その顛末です。

    昨年の暮れ、もう、そろそろ電話しようとしていた矢先、携帯に見知らぬ市外局番から電話がありました。神戸水上警察の刑事さんでした。スイジョウ警察っていうので、スイジョウ?あれっ?と思って、聞き直しましたが、理研ってポートアイランドにあるんですね。「理研の管轄はうちなので、告発状、うちの課に回ってきました。」というので、「内容、分かりますか?」というと「全く分かりません!」とキッパリ。「来て説明してほしい。」というので、とりあえず、日程を調整して一日掛りで行って来ました。

    対応してくれたのは30代後半から40代前半と思われるまだ若い、水上警察の刑事課長さん。こぎれいな事務室に通され、持ってこいと言われた、身分証を見せると、しきりに「録音装置持ってない?」と聞いてきます。こちらは、もとよりそんなつもりはありませんが、録音されることに、かなりナーバスになっています。あちこちで録音され、困った事案が出ているのでしょう。

    で、最初の言葉が、「これ、大変な話ですよー」。手持ち資料を見ながら言います。電話してきた時から、かなり読み込んでいるようで付箋、貼りまくっていました。

    そこで、最初に聞かれたのが、どういう関係の人かということです。「小保方さんの関係者?」、「理研の関係者?」、「研究者?」。「いや、無関係な一般人です。」。で、「これ、何で理研の人は誰も気付かないんでしょう?」と言いながら、付箋を貼った個所を確認しながら、聞いてきます。

    やっぱり、捜査関係者だとそう思うよなと思いつつ、答えていると、そのうち、「他に何か証拠あります?」というので、「いや、他にはありません。」と言うと、「この1番(マウスすり替え)と2番(129/GFP ES配置)、3番(FES1すり替え)は種類違いますね。」とおっしゃる。いや、よく分かってらっしゃる。「確かに。2、3の被害者は小保方さんじゃなく、調査委員会ですね。でも、3つ揃ってひとつの事件を構成してるんですけど・・・・」。すると、おもむろに、

    「この1番、時効になっています。去年の12月に。」

    ・・・・一瞬、目が点になってしまいました。あー、確かに・・・・。いや、これは、全く頭から抜け落ちていました。道理で、「これ、なんで2011年12月って分かるんですか?」と聞いてくるはずだ。実際には4年前の古い出来事だったんですね。

    1番が時効だったら、どう考えても2番、3番だけでは無理だよな。調査委員会が被害者になるし、そんな自分の首を絞める話を事件と認めるはずがない。

    それならそうと電話で言ってくれたら、神戸くんだりまでわざわざ行かなくて済んだのにと思いながら、まあ、せっかく来たのだからと気を取り直して、この1番が時効じゃなかったら?、告訴だったら?を聞いてみました。

    告発者が専門家でなかったら、材料が一次資料といえど、誰もがネットで集められる資料ばかりだから、それ以外のオリジナルな証拠がほしいと言ってましたね。まあ、世の中ひっくり変えるような話だから、警察としては素人の話を真に受けて、やりたくないという話ですね。無理はないですけど。告訴なら名誉棄損でやることになるかな、ということでした。時効の事件も、それでは罪に問えないけれども、犯罪の構成要素としては十分、使えるという話でした。

    ついでに石川さんの告発も水上警察が担当してるのかと聞いたら、「違う。」と言ってました。上の部署でやってるみたいですね。これも、時効を考えると、いつ盗んだかになるんですが、一番遅い時期でも、引っ越しの2013年3月になります。これ、もうすぐ時効です。少なくとも、兵庫県警は3月末までには結論を出さないといけないことになります。 (窃盗罪の時効は7年でした。まだまだ、余裕があることになります。)

    結局、2時間程でしたか、話したのは。告発状、その場で返してくれると思っていましたが、「一度、上と相談します。」というので、そのまま帰ってきました。翌日、電話があり、告発状は返送されてきました。

    その後、詳細は伏せますが、まだ、自分のやれること(多分、想像つくでしょうが)が残っていたので、やれることだけは、全てやり終えたので、とりあえず報告だけしておきます。


    2016.01.14 Thu l STAP細胞事件 l コメント (18) トラックバック (0) l top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。