上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top
     しばらく、「高知白バイ事件」について書いてきたが、書くべき物は書いたのでここでまとめて終わりにしたい。

    1.衝突地点について
      検察が主張する、バスが白バイを撥ねたとする地点④で衝突した根拠は何もない。検察が根拠にしていたタイヤ痕は白バイの前輪ではなく、後輪のタイヤ痕であり、そのため衝突地点の根拠はなくなっている。→参照
     また、同時に弁護側は最終停止位置⑤を衝突地点としていたが、そこも衝突地点ではなく、白バイはその手前で既に転倒している。→参照
     つまり、衝突地点についてはどちらの主張も間違っており、実際には右折車線上の舗装の境界線あたりで、検察と弁護側が主張する衝突地点の中間に位置すると思われる。→参照

    2.衝突時バスは止まっていたか
     多くの証言から衝突時、バスは止まっていたと考えられる。しかし、横滑り痕があることから、白バイの衝突と同時にバスは発進したと思われる。これについては「もう、そろそろ行けるかなと思ったとき、白バイがぶつかった」という生徒の証言がある。左からの車が途切れ、右折可能になったのでアクセルを踏み込みバスが動き出した瞬間、白バイが衝突したと思われる。

    3.スリップ痕、擦過痕の捏造について
     以下の写真はバスに乗っていた生徒が降りようとしている事故直後の写真である。現場検証が始まったのは14時55分からで、この写真にはまだ、バスの横の三角コーンが写っていない。おそらく14時48分過ぎだと思われる。このとき既にバスのスリップ痕や擦過痕が写っている。

    事故直後

     擦過痕を調べると白バイの損傷部分と一致するので、擦過痕は本物であると分かる。→参照
    これから擦過痕と一緒に写っているスリップ痕も本物であると考えられる。また、第4の事故形態を前提にスリップ痕がどうなるかを調べた結果、実際のスリップ痕とほぼ一致する。→参照
     しかし、もともとあるスリップ痕にオタマジャクシ痕やブレーキ痕が書き加えられている。これは、バスが急ブレーキを掛けたという証拠が必要だったからである。→参照

    4.実況見分調書について
     実況見分調書については改ざんされている。これは、白バイのスピードが出ていないようにカモフラージュするためである。→参照

    5.写真の合成について
     警察が書き加えたオタマジャクシ痕やブレーキ痕については合成されている可能性があるが、それ以外のものについては合成されていない。→参照


     以上の通り、警察がバスに過失がある事故に見せるため、証拠を改ざんしているのは確かだが、無かったスリップ痕等を捏造して作ったというものではない。スリップ痕や擦過痕自体が捏造されたという弁護側の主張は間違っていたということである。おそらく、オタマジャクシ痕を見て、全ての証拠が捏造されたと思い込んでしまったのだろう。このため、間違った主張を展開することになり、事件はより複雑なものになり、混乱してしまったと言える。

     さて、再審請求の棄却にともない高松高裁へ上告が行われているが、弁護側は今までと同じような主張を展開していくのだろうか。長年の主張を転換することになるが、間違ったことを正して、戦略を一から練り直す以外に道は開けないだろうと思う。
     
    スポンサーサイト
    2015.01.16 Fri l 高知白バイ事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top
     「高知白バイ事件」の事故形態を各証人の証言から見てみよう。一審の高知地裁で、事故形態に関連して証言した証人は検察側証人一人と弁護側証人三人である。また、再審請求の中で、事故形態についての詳細な生徒の供述調書があることが明らかになっている。

    【検察側証人】
    ①白バイ隊員
    ・衝突地点の120mほど手前(高知市より)を土佐市方面に向けて走行中スクールバスを確認、同時に衝突地点より55m土佐市よりの地点に白バイを確認。スクールバスは時速10km、白バイ約60kmと目測。
    ・バスはずっと動いており、白バイもそのまま、まっすぐ進行していた。お互いがそのまま進行すれば衝突すると思った。
    ・バス、白バイはそのまま進行し、白バイはやや右へ倒しながらバスを避けようとしたが、結局衝突。

     以上の証言はあるが、この隊員は事故そのものを見ていないと思われる。目撃していれば、真っ直ぐに事故現場に駆け付けたはずである。ところが、この隊員は事故現場を素通りしている。実際に白バイを止めたのは、通り過ぎた信号機付近で、そこから降りて駆けつけている。この白バイ隊員の行動を見ていた生徒は次のように話しているという。
    ・白バイを見たときは、隊員は顔をバスの方に向けて第一車線を普通に走っていた。
    ・何があったんだろうって感じて、こちらをずっと見ながら普通に走っていた。
    ・バスの右側面が見える位置に来た時、白バイの事故であることが分かった感じで、慌てたようだった。

    【弁護側証人】
    ①事故を起こした白バイに追い越された証人
    ・白バイは、点滅信号のある交差点の旧道内で停車していたが、すぐに私の車の前に進入、白バイは第2車線を走行し始めた。私の速度は50~55kmだった。
    ・隊員は腰を上げてシートに座り直すと、加速を始めた。
    ・事故現場の手前のカーブまでは白バイは第2車線を走行していた。
    ・その時の白バイの速度は、自分の車の速度と比較し、時速100kmくらいは出ていた。その後、カーブを過ぎたときにスクールバスを確認し、事故を知った。

    ②自歩道の前でバスの後ろにいた校長
    ・バスは自歩道の手前で一旦停止し、また、車道の前でも一度停止した。その後バスは時速10kmくらいで走行し、中央分離帯付近で停止した。
    ・衝突の瞬間を見た。バスは少し右向きになっていたのでよく見えた。
    ・バスが止まっているところへ何か物体が右カーブを切りながらぶつかったという感じ。衝突を避けるようにハンドルを切ったという感じ。そのときの白バイのスピードは時速50~60キロ位。

     右カーブを切りながらぶつかったというのは後述の生徒の証言、「まっすぐにバスに向かっていた」と異なる。校長は衝突を真横からみているので、右に傾いた白バイが直進するのを、右カーブしていると錯覚したと思われる。

    ③バスの左側の前から2番目の窓際に乗車していた教員
    ・バスが中央分離帯付近で停止したが、安全確認をするためだと思う。
    ・中央分離帯付近に行くまでの間に急ブレーキが掛かった記憶はない。

     第4回公判でこの証人は「バスは止まっていた」と証言しているようだが、検察にブレーキ痕を見せられ困惑し、裁判長が証言としては「急ブレーキは掛けていない」ということでまとめたようである。

    【再審請求で明らかになった供述調書】
    ①バスの右後方に座って事故の一部始終を見ていた生徒
    ・駐車場から出たバスは一度、車道に入る前で停車。歩くより少し早いくらいの速度で国道の真ん中より数メートル手前まで進んでいった。
    ・中央側の車線に、トラックのような普通乗用車より大きな車が一台止まっていた。そして、その後方から白バイが近づいてきているのが見えた。
    ・白バイは車線上に止まっていたトラックのような大きな車の東側、中央分離帯側へと移動、そのままバスへと近づいてきた。白バイの姿を見つけた時には、バスは国道上に止まっていたが、またバスは徐々に前へと進み始めた。
    ・そしてバスが進み始めた直後、白バイが右折する車線を真っすぐバスの方へと向かってきた。そして白バイがバスと数メートルの距離まで近づいてきた時、白バイは東側にバイクを傾けた。その後、ガンという大きな音が聞こえ、バスが少し揺れた。この時バスはもう止まっていた。

     この証言によれば、バスは中央分離帯付近で2度停止したことになり、校長の証言とは矛盾するが、生徒はこの内容については、そういう証言はしていないと否定しているようである。白バイがなぜ、右折車線を走りかつ、スピードを落とさなかったかについては、右折車線を使ってトラックをすり抜けようとした以外には思い付かない。ここで、生徒の証言もとにした赤く示しているルートが第4の事故形態のルートである

    証言からみた事故形態

    2015.01.16 Fri l 高知白バイ事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top
     再審請求で行われた嘱託鑑定で、タイヤ痕を横滑り痕とした大慈彌氏は「白バイが衝突した際の姿勢はほぼ直立した姿勢で、ほぼ直角に近い角度で衝突した」と鑑定している。この根拠は不明であるが、バスを真横から撮った写真をみる限り、バスの側面には右斜めの衝突線が認められ、白バイが直立して衝突したのではないことは明らかである。

     衝突線

     バスの側面は斜め35°に折り曲げられ、その折り込みに沿ってタイヤ痕と思われる黒いゴムがへばりついている。白バイは35°に傾きながらバスに衝突したはずである。科捜研でも白バイは35°~40°で傾きながらバスとほぼ直角に衝突したと報告されていた。折り曲げられた上にはボディの鉄板が急激に引っ張られたことで断裂したと思われる裂け目が横に2本走っている。白バイは相当なスピードだったことが窺える。また、写真にはもう一本の65°の傾きも認められ、この角度で衝突が終わったものと思われる。

    衝突開始終了

     
     この白バイが傾いて衝突した理由であるが、白バイを転倒させることで衝撃を和らげようとした、隊員の咄嗟の判断ではなかったかと思う。恐らく、バスに気付くのに遅れたのと、スピードを出し過ぎ、旋回して回避することが出来なかったのではないだろうか。そうだとすると、白バイは倒れながら、バスに激突したことになる。

     直立したまま衝突すると、バスに当たって大破した白バイの左側の部品はそのまま下に落ちる。現場では白バイの左に落ちている部品はほとんどなく、左の部品も右に落ちている。このことから、白バイを乗り越えて右に落ちる程、白バイは傾きながら衝突したことになる。

     弁護側はバスの前方だけに細かな破片が落ちていることを、最終停車位置での衝突の根拠の一つに上げていた。しかし、この細かな破片については、衝突で生じた破片ではないだろうと思う。白バイは衝突後、引きずられていて、脱落した部品が白バイの周りに掃き集められている。これらの部品が互いに絡まって動けなくなり、さらにバスに押されることで、その場で粉砕されたものと思う。従って、バスの後方には細かな破片がないのである。

    事故現場部品





    2015.01.16 Fri l 高知白バイ事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top
     「高知白バイ事件」では警察が開示した写真の中に合成写真があると言われてきた。合成が疑われた写真として、大きく取り上げられたものに「足のない通行人」と「路線バス」がある。

    足のない通行人

     上の写真は「足のない通行人」の写真であるが、検察は衆人監視の中ではスリップ痕等は捏造出来ないと主張していた。一方の弁護側の言い分は通行人も大勢いた証拠として、この写真が合成されたというものであった。

     私は写真の合成には関心がなかった。警察がそのような些細な理由で写真を合成するとは思わなかったし、わざわざ怪しまれる写真を警察が開示するはずはないからである。

     この写真については、既に「『高知白バイ事件』は逆冤罪事件である」という主張を展開しているwaoasada氏が合成とは関係ないことを証明している。要するに、歩いている人間を横から写すと、一瞬、足が消えたように写るタイミングがあるということだ。

    足のない通行人2

     一方、「路線バス」は以下のような写真である。スクールバスの向こうに路線バスが写っている。この路線バスは14時45分と15時22分に運行されていた。実況見分が始まったのは14時55分からであり、このとき14時45分のバスは既に通過していることになる。バス会社も当日、10分以上の遅れはなかったと回答している。

     片岡氏が逮捕されたのは15時4分で、そのまま土佐署に連行されている。弁護側は現場検証が片岡氏のいない間に行われたことを問題視していた。この疑惑は、15時22分頃のバスの写真に片岡氏の写真を貼り付け、あたかも現場検証が行われたかのように合成されたというものである。この写真は嘱託によるネガ鑑定も行われているようだ。

    路線バスの写真

     この写真についても、合成だとは思っていなかったが、「足のない通行人」が解析されたので、この写真についても合成かどうかを調べてみよう。スクールバスの左には、すたみな太郎の看板の影がある。この影を使って写真が撮られた時刻が特定できるはずだ。

     まず、2006年3月3日の事故地点の太陽高度と方位を調べると次のようになっている。方位は北を0°として南が180°になるものである。

    時刻    高度(°)   方位(°)
    14:45      36.70     227.75
    15:00     34.33     231.28
    15:15      31.84     234.58
    15:30      29.25     237.68
    15:45     26.57     240.60
    16:00      23.82     243.37
    16:15      21.00     245.99
    16:30     18.13     248.50
    16:45      15.21     250.90
    17:00      12.25     253.21

     時刻が分かったすたみな太郎の看板の影から、影の方向と方位の関係を知れば、後は何時、どのような影が出来るのかが分かる。時刻と影の方向の特定に使った写真は以下の2つである。腕時計の時刻は少々、分かりにくいが16時54分で、30分過ぎに針が写っているのは秒針だと思われる。この写真が撮られた時刻を16時54分として、15時50分頃、撮影されたという新聞の写真で影の位置を検証しても何ら問題はなかった。ここから、現場の見取り図に、ある時刻での影の方向と長さを書くことが出来る。

    時計の時刻


     「路線バス」の写真に写った看板の影は、まだバスに到達していない。このことから、撮られたのは14時50分頃であることが分かる。写っている路線バスは14時45分のバスだったことになる。15時22分の路線バスなら、影はバスの屋根に到達してしまうのである。

     白バイの巡査長が救急車で搬送されたのが14時48分である。その後、生徒達はバスから降り、向かいのレストラン「グロリー」の2階に上がっている。その最後の生徒が降りるのと入れ違いに片岡氏がバスに乗り込んだという生徒の証言があるので、50分頃、バスに座った片岡氏が写っていてもおかしくないのである。

     従って、この写真は合成ではないという結論になる。もっとも、写真は全て本物であると言っているわけではない。スリップ痕の写真には何らかの手が加えられている可能性は否定できない。

    路線バス時刻


    2015.01.13 Tue l 高知白バイ事件 l コメント (1) トラックバック (0) l top
     「高知白バイ事件」のスリップ痕が騒がれたのは、オタマジャクシのスリップ痕があったからである。このスリップ痕はバスの最終停止位置のタイヤの下に出来ている。ブレーキ痕は停止時に、より濃く付くので、このオタマジャクシはブレーキ痕の証拠として作られたものである。

    オタマジャクシ

      しかし、実際は横滑り痕なので、タイヤの回転が止まり、横滑りも終わる停止位置にはスリップ痕はつかないはずである。このオタマジャクシ痕は完全に書き加えたものだろう。そのため、オタマジャクシ痕は少しずれている。最初は周りより濃かったのが、時間が経つと逆に周りより薄くなっているので、オタマジャクシ痕は別の何かで書かれていることは明らかである。

    停止位置のずれ

     一審の高知地裁ではこのオタマジャクシ痕を「バスの先端の濃いスリップ痕は事故車両から漏れた液体がついたもの」とし、ブレーキ痕とは認めていない。あまりにも濃過ぎて不自然だったからである。しかし、少なくとも事故直後の右タイヤの周りに漏れた液体はないし、左タイヤは液体の広がった範囲とは距離が離れ過ぎている。裁判長が、このような珍説を堂々と判決文に書いているのは驚くばかりである。このオタマジャクシ痕を捏造以外の根拠でうまく説明できるものは何もないだろうと思う。

     さて、このオタマジャクシ痕だが、裁判長が言うように、衝突時に流出した液体を使って書かれたのではないかと思っている。最初は濃く写っているオタマジャクシが、時間が経つにつれ薄くなっていく様子が、流れ出た液体の状態とよく似ていて、写真に撮られた色合いもよく似ている。

     もともとのスリップ痕は生徒22人と教師3人を載せたバスが横からぶつけられ出来た横滑り痕であった。このタイヤ痕からは「緊急走行でもない白バイが、右折車線に止まっているバスに激突し、50cm近く押し上げて大破した」という事故形態が明らかになる。警察にとっては致命的な事故だ。そこで、白バイの過失を0にするため、ブレーキ痕が必要だったのである。これが、オタマジャクシ痕と途中のブレーキ痕を警察が書き加えた理由である。

     警察にとって都合が良かったのは、バスが既に右折態勢になっていたため、50cmの振れ幅でも、やや右に傾いただけで止まり、見た目に衝撃の大きさが分からなかったことである。実況見分調書も改ざんして衝撃の大きさを隠してしまった。弁護側はオタマジャクシ痕に目を奪われ、スリップ痕は全てが捏造されたものと勘違いし、全く、検討をしなかったのだろう。このため、横滑り痕という重要な事実を見落としてしまった。これは裁判にとって致命的なミスであった。

    2015.01.12 Mon l 高知白バイ事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top
     ブレーキ痕と横滑り痕ではタイヤ痕の付き方に違いがある。ブレーキ痕ではタイヤの縦溝がそのまま模様として地面に付く。一方、横滑り痕では斜めに滑っていくので模様が付かない。白バイもバスも撤去されていない事故直後の写真のタイヤ痕には全く溝がない。バスが横滑りしたという事故の形態を良く表していると思われる。

    スリップ痕の種類


     ところが、バス、白バイ撤去後のスリップ痕の写真には不思議なことにブレーキ痕が写っている。もっとも、事故直後に撮られたスリップ痕は前輪の右タイヤ痕しかなく、左タイヤ痕や後輪のタイヤ痕の写真は撮られていない。しかし、右タイヤ痕だけでも事故直後にはなかったブレーキ痕がついているのだ。

     事故を起こしたバスのタイヤは次のようになっていて、その溝の形状からタイヤのブレーキ痕がつくとしたら、下のようなパターンになる。

    タイヤ痕のパターン

     ブレーキ痕が写っている写真は次のとおりであるが、右のタイヤも左のタイヤも両方にブレーキ痕が付いている。下段の写真で左右のタイヤの先に黒くなっているのが最終停止位置でのタイヤの位置である。事故直後の写真と比べてもらうと、事故直後にはなかった右タイヤの位置にブレーキ痕が現れているのが分かるだろう。参考にタイヤの溝から出来るブレーキ痕のパターンを貼り付けておいた。

    左右のタイヤ痕

     そもそも、

    ①横滑り痕のはずが途中からブレーキ痕になっている。
    ②白バイの転倒時の擦過痕からみて、バスはスピードが出てないのにブレーキ痕が付いている。

    という話でどちらもあり得ない話である。仮にブレーキ痕がついたとしても

    ③ブレーキ痕はタイヤの溝が黒くなっているが、これは逆で、溝は白でなければならない。
    ④ブレーキ痕のパターンが事故を起こしたバスのパターンとは全く違う。

     ということで、このブレーキ痕はもともとあった横滑り痕に、ブレーキ痕を書き加えたことになる。弁護側のスリップ痕は捏造されたという主張も、ある意味間違っていない。タイヤ痕を書き換えたという事実は、事故形態が「バスが安全確認を怠り、車道に進入、白バイを撥ね急ブレーキを掛け停止した」というものではなかったことを意味している。そして、警察は事故直後から、そのことを知っていたということである。



    2015.01.12 Mon l 高知白バイ事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    バスの横滑り

     路面は舗装したときの違いで道路に沿って境界が出来ている。この境界を基準にしてバスの位置を書くことが出来る。バスの最終停車位置、走行ルートから計算したバスの傾き、白バイの転倒位置をそれぞれ書き加えていくと上の図のようになる。その結果、バスが停車していたと思われる位置は境界線の上で、約11°の傾きで止まっていたと思われる。ここに白バイが真横から追突して約1.8m動いた後、3°の角度で停止したことになる。このときの横振れ幅は約50cmである。

     この衝突でスリップ痕が出来るとすればタイヤの軌跡からいって右、1.9m、左、1.5mのスリップ痕となる。右に傾いて止まっているバスがほぼ道路と直角になるのであるから、当然、右の方が長くなる。このような状態でスリップ痕が出来るとすれば横滑り痕しか考えられない。この例でいうと、タイヤはまっすぐに回転して前に進もうとするが、横からぶつけられ、横にもスライドするのでタイヤが削られ跡が付くという話である。警察の調べではスリップ痕は右1m、左1.2mと左の方が長かった。これはスリップ痕の出来方の問題なので、必ず右の方が長いという話でもないのかと思う。

     科捜研の資料に警察がステレオカメラで撮った、スリップ痕の資料があるので、ここで作ったスリップ痕をマッピングしてみた。ステレオカメラとは複数の視点から同時に撮影することで対象物を正確に認識できるカメラである。少し、右のスリップ痕が軌道を外れているようだがまあ、こんなものではないだろうか。この科捜研の資料ではスリップ痕は痩せて短くなっており右、78cm、左、106cmである。ステレオ撮影は実況見分の最後の段階で16時30分以降に撮影されたようで、時間が経つと消えていくのが横滑り痕の特徴なのかも知れない。

    科捜研との比較

     さて、止まっているバスのタイヤがいきなり回転する話になり、妙な話だと思って読んだ人も多いだろう。私は止まったバスは交差点を右折するため、衝突と同時にアクセルを踏んだと思っているのだ。これは、バスに乗っていた生徒の証言、「もう、そろそろ行けるかなと思ったところに白バイが衝突した」というのを根拠にしている。
     
    2015.01.07 Wed l 高知白バイ事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    実況見分調書(警察)

     「高知白バイ事件」で警察が作成した実況見分調書は上のとおりである。ここで、バスの位置が書かれているのは、駐車位置①、自歩道前停止位置②、車道前停止位置③、衝突位置④、最終停止位置⑤である。

     さて、①に止まっていたバスは一端バックして②の自歩道に出てくるが、この②の位置が不自然なことに気付かれただろうか。②のように出てくるには、かなりバックしなければならない。本来、もっと左寄りで右斜めに出て来るはずである。実況見分調書のバスの位置は最初と最後だけ正しくて、途中はデタラメなのだ。白バイを撥ね、急ブレーキを掛け止まったように細工されている。

     ここで、実際のバスの走行ルートはどうだったのか以前、調べているので、それを紹介したい。調べるきっかけは、停車中に生徒が撮ったバス内を写した写真があったからだ。この写真でバスの交差点内停止を証明できると思ったが、写真の背景をもとに実測すると④の写真ではなく③停止時の写真だったのでがっかりしたものだ。そのカメラ位置を実測すると、手前の自動車信号から右に10.5m自歩道から中に4.7mの位置だった。


    バス内の写真500

     写真には網棚が写っている。網棚のパイプはバスの進行方向に向いて取り付けられているので、パイプの延長線が交わるところがバスの進行方向となる。ここで左側に歩行者信号、右に自動車信号の柱が写っているので、それらと交点との左右の比で進行方向がどちらに向かっているかを知ることができる。写真を撮った生徒は前列から5番目の窓側の席に座っており、バスの先頭から4.9mの位置だ。地図上で傾きも含めてバスの位置をセットすると③のバスの停止位置が分かる。③が分かると②、④も自ずと決まってくる。

    バスの本来の走行ルート

     ⑤で止まったバスのタイヤの向きはほぼ真っ直ぐである。左向きでも右向きでもない。このため③の位置からハンドルを切らずに直進し、白バイと衝突して止まったと思われる。運転手は白バイに気付いてないのでハンドルを切る理由がない。警察もこのことから、②と③をほぼ直線的に書いたのである。

     もし、実況見分調書が上のように実際のルートで書かれていれば、弁護側も⑤の停止は主張しなかったのではないかと思う。そして「バスは少し右向きになっていたので衝突の瞬間がよく見えた。」と言った校長の証言も、裁判長から信用できないと却下されることもなかっただろう。


    2015.01.07 Wed l 高知白バイ事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top
     前回の擦過痕をプロットして貼り付けた白バイの写真には車輪を付けておいた。今度はこの白バイの写真から、車輪と擦過痕のプロットを一体にして抜き取り、逆に擦過痕が写った写真に貼り付けることにする。擦過痕の写真に元々付けたプロットと転写するプロットが全部、重なるよう微調整して、ピッタリ一致したとき、その白バイがどういう状態で擦過痕を付けたのかを知ることが出来る。

    擦過痕逆転写

     結果、上の写真のようになり、白バイの前輪はバスの最終停車位置の前輪タイヤの少し前に出ているのが分かる。白バイの前輪の輪の中にある、チョークで縦棒の真ん中に横棒が交わるところが前輪タイヤの位置である。ここで白バイは転倒し、この擦過痕をつけたことになる。バスの先端は前輪タイヤから1.8m先にあり、これにより以下の事実が明らかになる。

    ①衝突地点は弁護側が主張する最終停止位置⑤ではない。
    ②衝突後、バスは約1.8m動いた。

     興味深いのは、擦過痕の形から白バイがバスと約50°の位置を保って停止していることである。白バイがバスの下にある何かに絡まって、それ以上、回転しなかったのか、それとも、白バイの慣性モーメントが小さかったかどちらかであるが、最終停車位置の白バイはまた少しバス側に寄っているので、後者の方だと思われる。慣性モーメントが小さいのは、白バイが円運動せずに(衝突を回避するための旋回行動を取らずに)、バスとほぼ直角に激突、そのときのバスの速度は無視できる程だったことになる。そうすると、白バイの転倒位置≒衝突地点(最終停車位置から約1.8m手前)ということになる。

     この衝突地点は第2車線ではなく3mある右折車線の真ん中より少し左(左から約1.2m)の位置になるが、ここで述べる事故形態は再審請求で明らかになった生徒の供述調書により裏付けられている。

    【バスの右後方に座って衝突までの一部始終を見ていた生徒の供述調書】
    ・駐車場から出たバスは一度、車道に入る前で停車。歩くより少し早いくらいの速度で国道の真ん中より数メートル手前まで進んでいった。
    ・中央側の車線(第2車線)に、トラックのような普通乗用車より大きな車が一台止まっていた。そして、その後方から白バイが近づいてきているのが見えた。
    ・白バイは車線上に止まっていたトラックのような大きな車の東側、中央分離帯側(右折車線)へと移動、そのままバスへと近づいてきた。
    ・白バイの姿を見つけた時には、バスは国道上に止まっていたが、またバスは徐々に前へと進み始めた。
    ・そしてバスが進み始めた直後、白バイが右折する車線を真っすぐバスの方へと向かってきた。そして白バイがバスと数メートルの距離まで近づいてきた時、白バイは東側にバイクを傾けた。その後、ガンという大きな音が聞こえ、バスが少し揺れた。この時(衝突時点では)バスはもう止まっていた。 「注:調書の()内は筆者が加筆」


    2015.01.05 Mon l 高知白バイ事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top
     バスの最終停車位置の右前輪タイヤのすぐ後ろには多くの擦過痕がある。弁護側はこの擦過痕を捏造だと主張している。しかし、私はそれは無理だろうと思っていた。事故は午後2時34分頃発生し、実況見分は2時55分から行われている。この実況見分が始まる前と思われる時点の写真に、既にこの擦過痕が写っている写真がある。その時点で物理的に擦過痕を作るのは不可能である。すると写真を後から偽造するしかないが、それでも当日中に擦過痕もどきを作る必要がある。事故の形態も分からないのに、手際良く擦過痕を捏造するのは不可能だと思っていたのだ。

     実際にこの擦過痕が白バイのどの部分で作られたものかを調べてみた。もし、捏造されたものであれば、どこかにおかしいところが出てくるはずである。

    擦過痕プロット1

     擦過痕を作った部分を調べるには、擦過痕が写った箇所をプロットし、それをサイズを合わせた白バイの右側面に張り付ければいい。ここで白バイの画像に使ったのは事故を起こした白バイの写真である。車体の右側を写すと、右向きになるので、そのままだと貼り付けできない。そこで鏡像化して左に向け、そこに貼り付けると以下のようになった。

    擦過痕転写500

     擦過痕はサイドボックス、リアバンパー、マフラー、後輪、排気管、フロントバンパーだと思われる箇所にほぼピタリと貼りついた。詳しい人に見てもらえば何か分かるかもしれないが、カウルのこの位置で果たして擦過痕がつくのか不明であり、もうひとつの部位もよく分からない。

     写りが悪く、今ひとつ分かりにくいので、鮮明な別の写真に手作業で移し替えてみた。また、損傷した白バイの部品(リアバンパー、排気管、マフラー)が警察により公開されているので、比較のため、これも鏡像化して載せている。これを見れば、損傷した部品の位置と擦過痕の位置はほぼ合致しており、捏造ではないという結論になると思われる。

    それでは、この擦過痕を使って次回はバスと白バイが衝突した位置を特定しようと思う。

    擦過痕転写2_500



    2015.01.05 Mon l 高知白バイ事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top
     検察の主張する衝突地点は④であるが、それはこの先に白バイの前輪とみられるタイヤ痕があったからだろう。図で「タイヤ痕0.3m」と書かれているところである。衝突地点ではタイヤに急激な力が加わり、バイクの前輪の短いスリップ痕がつくとされる。道路に付いたこのタイヤ痕が白バイの前輪だとされ、衝突地点だとしたのだと思われる。

    2つの衝突地点500

     しかし、このタイヤ痕はバスとの衝突によって生じたものではない。下図のように、バスのスリップ痕の中心から約20cmのところにバスの側面があると考えても、タイヤ痕の位置は白バイが衝突する位置にはないのである。

     スリップ痕の写真にはスケールが添えられていて、このスケールに合わせ、白バイをマッピングすることができる。白バイはベース車VFR(ホンダBC-RC46型車)により全長2120mmとしている。これを、タイヤ痕の画像に重ね合わせるとバスの側面まで約60cmはあり、タイヤ痕が衝突位置にないことは明らかである。

     また、タイヤ痕は他の擦過痕と同じように弧を描いており、その後ろには擦過痕がないので、タイヤ痕は後輪のタイヤ痕であろうと思われる。実は科捜研でもこのタイヤ痕を後輪と記している調書がある。

    衝突せず500

     このように、タイヤ痕が白バイの前輪でないとすると、検察が衝突地点とする④にはその根拠が全くないのである。検察は科捜研の後輪とした調書を無視し、この根拠のない衝突地点をもとに漫然と片岡氏を起訴したことになる。そして裁判所はそれを疑うこともせず、禁錮1年4月の実刑を言い渡したことになる。

     では、衝突地点は弁護側の主張する最終停車位置⑤なのかというと、それも違うと考えている。④でも⑤でもない第3の衝突地点があると思う。


    2015.01.04 Sun l 高知白バイ事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top
     まず、はじめに高知地裁で行われた公判における検察の主張と弁護人の主張およびそれをもとに判決を下した裁判官の判断を実況見分調書をもとに説明していくことにしよう。以下の図は実況見分調書の一部を切り取り、白バイの走行ルートを加えたものである。

    2つの衝突地点

    (1)検察の主張
     バスの運転手はレストラン駐車場より国道進入直前に一旦停止(③)をしたが、右方向をちらっと見ただけで国道に進入した。6.5m進んだところで、バスの右側面前部を白バイと衝突させた(④)。衝撃に驚いた運転手は急ブレーキをかけ、2.9m白バイを引きずり右折車線で停車した(⑤)。衝突時のバスの速度は、目撃者の証言と現場に残されたスリップ痕より測定すると時速10kmであった。(白バイの走行ルートは赤)

    【事故を目撃した白バイ隊員の証言】
    ・衝突地点の120mほど手前を土佐市方面に向けて走行中、スクールバスを確認。同時に衝突地点より55m土佐市よりに白バイを確認した。スクールバスは時速10km、白バイ約60kmと目測した。
    ・バスはずっと動いており、白バイもそのまままっすぐ進行していた。お互いがそのまま進行すれば、衝突すると思った。
    ・バス、白バイはそのまま進行し、白バイはやや右へ倒しながらバスを避けようとしたが、結局衝突した。

    (2)弁護人の主張
     バスは車道に進入する前に一旦停止し(③)、 左右の安全を十分に確認、交差点内を中央分離帯付近目指してゆっくりと進み停止した(⑤)。右折のために左からの車の流れが途切れるのを待っているとき、白バイが衝突した。このため、スリップ痕等は付くはずがない。スリップ痕には先端が異様に濃くなったスリップ痕があるなど極めて不自然で、警察により捏造されたものである。被告人を不当に逮捕し、現場から遠ざけ、事故車両を撤去してから実況見分させるなど偽装を見られないようにしている。((白バイの走行ルートは緑)

    【バスのすぐ後ろで見ていた校長の証言】
    ・バスは自歩道の手前で一旦停止し(②)、また、車道の前でも一度停止した(③)。その後バスは時速10kmくらいで走行し、中央分離帯付近で停止した(⑤)。
    ・衝突の瞬間を見た。バスは少し右向きになっていたのでよく見えた。
    ・バスが止まっているところへ、何か物体が右カーブを切りながらぶつかったという感じ。衝突を避けるようにハンドルを切ったという感じ。そのときの白バイのスピードは時速50~60キロ位であった。
    【事故を起こした白バイに追い越された証人の証言】
    ・白バイは、点滅信号のある交差点の旧道内で停車していたが、すぐに私の車の前に進入、白バイは第2車線を走行し始めた。私の速度は50~55kmだった。
    ・隊員は腰を上げてシートに座り直すと、加速を始めた。
    ・事故現場の手前のカーブまでは白バイは第2車線を走行していた。
    ・その時の白バイの速度は、自分の車の速度と比較し、時速100kmくらいは出ていた。その後、カーブを過ぎたときにスクールバスを確認、事故を知った。

    (3)判決の要旨
    ・業務上の注意義務を怠り、右方道路を一瞥したのみで発進し、漫然と時速5~10kmで進入したため、白バイに衝突、隊員を3.6m前方に跳ね飛ばし死亡させた。
    ・左前輪に約1.2m、右前輪に約1.0mのスリップ痕が存在し、バス前輪の右路面には複数の擦過痕があり、バスと並行して東向きに形成され最終停車位置まで伸びているものがある。スリップ痕等と被告が同時に写っている写真があり、スリップ痕等は事故により形成されたとみるのが自然である。
    ・現場は教員、生徒、野次馬、報道関係者等、衆人環視の状況にあり、警官がねつ造する可能性はほとんどなかった。バスの先端の濃いスリップ痕は事故車両から漏れた液体がついたものである。
    ・弁護人が主張する地点において、衝突を示す白バイの痕跡は認められない。
    ・停止しているバスに白バイが衝突したという証言は路面擦過痕、両者の損傷状況からみて証明力は乏しい。
    ・校長のちょっと右に振っていたという証言は最終停止位置、スリップ痕、路面擦過痕、路上に進出した位置に照らせば限定的に解するのが相当。

     以上のとおりであるが、この実況見分調書で検察が衝突地点だという④地点にはまったく根拠がないということを次回、示そうと思う。


    2015.01.04 Sun l 高知白バイ事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top
     これまで記事にしてきた「PC遠隔操作事件」は、考察を変えたところもあり手直しする必要があるが、大勢には影響がないので、これ以降はしばらく、昨年12月16日に高知地裁で再審棄却となった「高知白バイ事件」について書いていこうと思う。

    「高知白バイ事件」
     「高知白バイ事件」とは2006年3月3日14時34分頃、高知県の国道56号線で県警交通機動隊の巡査長(26)が運転する白バイが道路左側のレストラン駐車場から出てきた中学校のスクールバスと衝突、巡査長が胸部大動脈破裂で死亡した事件である。バスの運転手、片岡氏は安全を確認せず道路に進入、白バイを跳ねたとされ、2006年12月6日に業務上過失致死罪で起訴されている。

    裁判の経過
     初公判は2007年1月18日、高知地裁で開かれている。そこで被告人は全面的に無罪を主張している。弁護側証人の校長はバスは止まっていたと証言、同乗していた引率の教師もバスは急ブレーキを掛けていないと証言している。弁護側は停車していたバスに白バイが衝突したもので、路面にあるスリップ痕は警察による捏造であるとして真っ向から対立する裁判となった。そのため、白バイを撥ねて急ブレーキを掛け止まったとする検察とは衝突地点にも争いがあった。

     同年6月7日、高知地裁の片多康裁判長は、校長らの証言は信用出来ないとして検察の主張に沿った禁錮1年4月の実刑を言い渡している。それを受け、弁護側が控訴した高松高裁では柴田裁判長は「バスが進行中だったことはスリップ痕などから明らか」とし、新たな証拠調べもせず即日結審、同年10月30日、「第一審で十分な審議がなされている」として控訴を棄却している。その後、2008年8月20日、上告した最高裁判所第二小法廷が「申立てには理由がない」と棄却し、片岡氏の実刑が確定した。片岡氏は10月23日、高知地検に出頭、加古川刑務所で服役し、2010年2月23日に出所している。

    再審請求
     片岡氏はその後、裁判のやり直しを求め、2010年10月8日に高知地裁に再審請求を提出している。スリップ痕の捏造については事故現場でスリップ痕そのものが捏造されたこと、現場で撮影された写真にスリップ痕の加工等が施されたことなどを訴えている。この再審請求に向けての第一回の三者協議は2011年6月7日に行われている。三者協議とは、裁判官、検察官、弁護人の三者における話合いの場である。この三者協議の中で高知地検は捏造を否定するため、証拠とした写真のネガを提出することを自ら申し出ている。高知地裁はネガの検証を画像解析の第一人者と言われる警察庁科学警察研究所顧問の三宅千葉大名誉教授に、また、スリップ痕については350件以上という嘱託鑑定の経験がある日本交通事故鑑識研究所代表の大慈彌氏に依頼している。

     写真を鑑定した三宅教授は、スリップ痕は液体などにより人為的に偽造したと疑わざるを得ないとし、またネガフィルムについても一部に黄色線の存在があり、提出されたネガフィルムは何らかの処理が施されオリジナルではない可能性があると指摘している。一方、大慈彌氏はスリップ痕は横滑り痕(タイヤが回転方向とは違う向きに滑ることによる痕跡)であると捏造を否定し、両大物の鑑定結果は対立したものとなっていた。

     2013年9月12日、再審請求に関する三者協議が30回を迎えたとき、同年4月に着任した武田裁判長は突然、審理の打切りを宣言し、弁護人、検察双方が最終意見書を提出し結審している。その後、11月に入り、弁護人に裁判所より異例の「求釈明書」が届いている。その内容は、弁護人の主張は、検察のいう衝突地点にバスが停止していたが何らかの原因により、バスの最終停止位置に動いたことを含むものかどうかというものであった。

     これについては裁判所における第3の事故形態の提示ということで、マスコミにも大きく取り上げられている。弁護側ではこの提示をスリップ痕の捏造を棚上げするものと判断、そのことの含みはないと答えたものと思われる。

    再審棄却
     2015年12月16日、武田裁判長は再審請求を棄却し、弁護側は19日、即時抗告を申し立てている。この再審棄却の理由についての詳細は不明であるが、以下のように両者の嘱託鑑定を否定する内容になっているようである。

    ・衆人のもと、警察官が物理法則等に整合するタイヤ痕の捏造は不可能。全く現実味がない。
    ・TV局の映像にスリップ痕が写っていたことからネガの偽造はありえない。
    ・「横滑り」的な条件でシュミレートした鑑定については、バスが急制動をかけてから白バイが衝突した条件であり、採用の余地がない。

     このように、「高知白バイ事件」は再び振り出しに戻ったが、再審請求により新たに分かった事実も多くある。これらを使って「高知白バイ事件」の新しい事故形態を提示しようと思う。いわゆる第4の事故形態である。




    2015.01.04 Sun l 高知白バイ事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。