明治大学大学院情報コミュニケーション研究科主催のシンポジウム「メディア報道の罪と罰〜PC遠隔操作事件と本庄トリカブト殺人事件を追う」が26年11月26日、明治大学リバティタワーで開催された。そこでパネリストとして出席した「本庄トリカブト殺人事件」の弁護団長、高野隆弁護士は実に興味深い話をしている。

     「本庄トリカブト殺人事件」の被害者、佐藤修一の死因は溺死だったが、遺体からは微量のトリカブトの有毒成分アコニチン系アルカロイドが発見されていた。そして共犯とされた武まゆみがアンパンにトリカブトを入れ殺害したと自白したため、主犯の八木茂が死刑判決を受けている。しかし、この裁判で武の供述調書203通を調べた仲 真紀子教授は、武がトリカブトで殺害したという自白は、取調室で創られた偽りの記憶であり、信用性は非常に低いと証言していた。

     通常イメージする虚偽自白は、長い身体拘束の苦痛やストレスに耐えられずに自白するもの或いは取調官の脅迫又は刑を軽くしてやるという「約束」に迎合してしまうというものである。つまり、自分が犯人でないことを知りつつ、自白してしまうタイプのものだ。しかし、自分が罪を犯した犯人であるという記憶が無かったにも関わらず、最終的には自分がやったと被疑者が納得してしまう「納得型虚偽自白」というタイプがあるという。武は法廷で「検事の取調べにより抑圧された記憶の蓋がとれて救われた」とも供述している。

     この武の取調べは調書203通という長い時間をかけ行われたもので、仲教授はその過程で偽りの記憶が創られていったというのである。つまり、検察に出される課題をこなそうと自ら記憶を創っていったのである。弁護団はこの事件を長期間に及ぶ密室での取調べによって作られた壮大なフィクションに過ぎないと言っている。武は毎日の取調べの様子を以下のように細かく日記に付けていて、それは大学ノート10冊にもなっていた。

    11月2日
    思い出すこと
    ☆ 佐藤さんにアンパンを食べさせた後の状況
    ☆ 佐藤さんをふとんで押えた時の佐藤さんの状況(武ノート5冊目:11/2)

    11月9日
    今日は刑事の調べだった。
    刑事の調べ。
    宿題
    ☆ 佐藤さんの死体を運んだ時のようす
    ☆ 八木さんが,佐藤さんが死んでいる確認したときのようす
    ☆ 佐藤さんの死ぬ時の絵,死体の絵(武ノート6冊目:11/9)

     弁護団は、再審請求をさいたま地裁に行っていたが再審棄却となり、即時抗告を行っている。東京高裁では被害者の死因を特定するため、保管されていた臓器の再鑑定を行うことを決定、再鑑定の結果、心臓、腎臓、肝臓から利根川の珪藻が検出され、溺死だったことが既に明らかになっている。死亡した後に川に捨てられたなら肺以外の臓器で珪藻が見つかることはないのである。これにより、唯一の直接証拠であったトリカブトで殺害し、川に捨てたという武の証言は根底から崩れてしまった。

     もともと科捜研でも腎臓から珪藻が見つかったことにより死因は溺死であると鑑定していた。それを検察が無視し、武の自白により死刑が確定したものである。ここまで書くと「PC遠隔操作事件」が「本庄トリカブト殺人事件」と同じ構図をもった事件であると思わざるを得ない。

     雲取山のUSBを埋めた場所を間違えたという事実は溺死の事実に匹敵する。つまり、被告はUSBを埋めておらず、犯人ではないことになる。そしてこの事実は、雲取山の供述だけでなく、彼の全ての供述の信用性を失わせるものである。

     武は取調べ検事にこのまま否認すると八木と同様、死刑になると脅されていたことが分かっている。このため、検察に与えられた課題に答えるため、偽りの記憶を創っていったのである。一方、片山被告の自白では検察の取調べは行われていない。しかし、真犯人メールを出すためには犯人性を高める必要があった。メールは1か月程かけて作ったというので、その間、武と同じように自ら犯人としての偽りの記憶を創っていったものと思われる。

     「本庄トリカブト殺人事件」において被害者の死因が溺死であったことが無視されたように、雲取山のUSBも無視されている。これは大きな問題であるが、さらに悲劇的なのは、この「PC遠隔操作事件」においては誰も無罪を主張する者がいないということである。



    スポンサーサイト
    2014.12.11 Thu l PC遠隔操作事件 l コメント (0) トラックバック (0) l top